Jul 23, 2016

SAME ROW, DIFFERENT SEAT


Flying to LAX on my regular flight. My usual 7D seat was taken by my buddy, so I got 7A on port side instead.
いつものフライトでLAXへ飛ぶ。いつもの7Dのシートは仲間に取られたので、代わりにポートサイドの7Aにした。

The lights of Tokyo Bay Aqua-Line and Kimitsu City. While climbing, this view is only available to those who have port side seats.
東京湾アクアラインと君津市の光。クライム中にこの風景が見られるのは、ポートサイドの席ならでは。

Midnight ramen, again. I feel a bit guilty.
またしても真夜中のラーメン。若干後ろめたい。

Back in Sawtelle from the sky. Delta B767-300 HND-LAX. The 657th flight in my lifetime.
空からソーテルに帰ってくる。デルタ B767-300 HND-LAX。生涯657フライト目。

Jul 21, 2016

MY EVENING RITUAL


Going back to the sky again. Checking out the tarmac at the open-air observation deck after checking-in is my usual ritual at Haneda.
再び空へ戻る。チェックインの後に屋外の展望デッキからターマックを眺めるのが、僕が羽田でいつもする儀式。

Jul 19, 2016

RIDING ON THE QUEEN





I was so lucky. My flight back to Narita was operated by with 747-400. Of course, I took the upper deck. I wish I could have a few more chances to fly on them before Delta will completely retire them. Delta B747-400 DTW-NRT. The 656th flight in my lifetime.
ものすごくラッキー。成田へ戻るフライトは747-400で運航された。もちろんアッパーデッキを確保。デルタが747を完全に引退させる前に、あと何度か乗れるといいのだが。デルタ B747-400 DTW-NRT。生涯656フライト目。

Jul 17, 2016

DTW AND DELTA TRAIN




Time to fly back to Narita. I walked into the terminal building of Detroit Metropolitan Wayne County Airport and found the Delta train was running inside. I've been flying on Delta planes for many years, but this is my first time to ride their train. It's way faster and more efficient than the train at KIX terminal.
成田へ戻る時間。デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港のターミナルビルに入ったら、その中をデルタの列車が走っていた。デルタの飛行機には何年も乗り続けているが、列車に乗るのは初めて。関空のターミナルを走っている列車と比べて、圧倒的に速くて効率が良い。

One of four Delta Sky Clubs at this airport. Very spacious.
この空港に4つあるデルタ スカイクラブのうちの1つ。とても広々としている。

Jul 15, 2016

HEIDELBERG PROJECT PART2





"Love everything. That's all."
「すべてのものを愛せ。以上」

Jul 13, 2016

HEIDELBERG PROJECT PART1





Checking out the Heidelberg Project, an outdoor community art project around Heidelberg Street on Detroit's east side. This project started by Detroit-native urban environmental artist Tyree Guyton and his grandfather Sam is transforming an inner city neighborhood where people were afraid to walk into a place filled with creativity, inspiration, and energy. And this year the Heidelberg Project celebrates 30-year anniversary. As soon as you step into the project area, you will see the explosion of colors and hear countless objects speaking to you.
デトロイトのイーストサイド、ハイデルバーグストリートの周辺で展開されているアウトドアコミュニティアートプロジェクトの「ハイデルバーグプロジェクト」を見に行く。デトロイト生まれの都市環境アーティストであるタイリー・ガイトン氏と彼の祖父サムが始めたこのプロジェクトは、歩くのがためらわれるような中心市街地を、クリエイティビティとインスピレーションとエネルギーに満ちた場所に変えてきた。そして今年、ハイデルバーグプロジェクトは30年目。プロジェクトのエリアに一歩踏み込むだけで色彩の洪水に取り囲まれ、数かぎりない物たちが語りかけてくる声が聞こえる。

Jul 11, 2016

DOWNTOWN DETROIT TOUR PART2

The Spirit of Detroit statue has been an icon of the Motor City. I wish he would also become a symbol of a great comeback in the near future.
スピリット・オブ・デトロイトの像は、モーターシティのアイコンであり続けてきた。近い将来、この像が劇的な復活のシンボルにもなることを願っている。




Aquarium and Conservatory. If I were traveling solo, I wouldn't come to these places.
水族館と温室。一人旅だったら、こういう場所へは来なかっただろう。

Jul 9, 2016

DOWNTOWN DETROIT TOUR PART1





From Minoru Yamasaki's skyscraper to Isamu Noguchi's fountain. Then to the glass castle of automobile. Enjoying a quick architecture walk.
ミノル・ヤマサキの摩天楼からイサム・ノグチのファウンテンへ。そして、ガラスでできた自動車の城へ。クイックなアーキテクチャーウォークを楽しむ。

Jul 7, 2016

GUARDIAN BUILDING





The Cathedral of Finance. The shrine of American Art Deco. This is what the Motor City and capitalism looked like in the 1920s.
金融の大聖堂。アメリカンアールデコの神殿。これが、1920年代のモーターシティと資本主義の姿。

Jul 5, 2016

MICHIGAN CENTRAL STATION




Touring around Downtown and Midtown of Detroit with Team UMCJS. Our first stop was Michigan Central Station, one of the most sublime ruins in the world. This place has been one of my dream destinations and I could finally check this off my travel bucket list. Unfortunately access into the building is not allowed.
ミシガン大学日本研究センターのチームと一緒に、デトロイトのダウンタウンとミッドタウンを巡るツアーに出かけた。最初に立ち寄ったのは世界で最も荘厳な廃墟の一つ、ミシガンセントラルステーション。ここは僕にとってドリームデスティネーションの一つであり続けてきたが、ようやく自分の「死ぬまでに行くべき場所」リストから外すことができた。残念ながら、中に入ることは許されていない。

Jul 3, 2016

LECTURE AT RECKHAM AMPHITHEATER PART2






Matsuzaki-san and I delivered the second round of our lecture at the University of Michigan in the magnificent Rackham Amphitheatre on the campus. Once again we talked about Ishinomaki's community revitalization, and this time we were honored to join Associate Professor Nick Tobier at the Penny W. Stamps School of Art & Design, UM's art and design school. One of Professor Tobier's recent projects is the Brightmoor Maker Space which is transforming a building on the campus of the Detroit Community Schools, a K-12 charter school in Detroit, into a place for youth to build their creative making skills and incubate business ideas. Their concept of creating a craft studio for the community has a similarity to the idea of Ishinomaki Laboratory. The lecture, which took place as a part of Penny Stamps Distinguished Speaker Series with support from University of Michigan Center for Japanese Studies, is available on YouTube along with our lecture at CJS.
Photos from the session: University of Michigan Center for Japanese Studies
松崎さんと一緒にミシガン大学での講演の第2ラウンドを行う。会場はキャンパスにある美しいラッカムアンフィシアター。今回もまた石巻のコミュニティ活性化について話をしたのだが、光栄なことにこのセッションには、ミシガン大学のアート&デザインスクールであるペニー・W・スタンプス・スクール・オブ・アート&デザインニック・トビエ准教授も参加してくださった。トビエ氏の最近のプロジェクトに、デトロイトのK-12チャータースクールであるデトロイトコミュニティスクールズの建物の一つを、若者たちがクリエイティブなものづくりのスキルと起業マインドを養える場所に変えていく「ブライトムア・メーカー・スペース」がある。コミュニティのためのクラフトスタジオを作るというこのプロジェクトのコンセプトは、石巻工房のアイデアにも似ていると感じた。ペニー・スタンプス・ディスティングイッシュトスピーカーシリーズの一つとして、ミシガン大学日本研究センターのサポートを得て行われたこのセッションの様子は、日本研究センターでの講演同様、YouTubeで公開中

CITIES I'VE VISITED

Cover Photo: Hiro Takahashi
From the documentary movie "Flightman"
directed by Brian David Cange