Aug 21, 2014

ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2014: ISHINOMAKI YUUNAGI DINING

Welcome to Ishinomaki Yuunagi Dining. Yuunagi means an evening calm. 4 chefs, 1 patissier, and 1rice producer from Ishinomaki got together under the sky to deliver culinary delights only Ishinomaki can offer at this three-evening-only outdoor restaurant. Some of them are from long-established names. Some of them are new generation who started business after the 311 tsunami. And their creativities turn fabulous local ingredients into extraordinary dishes.
ようこそ、石巻夕凪ダイニングへ。ここは、石巻を代表する4人の料理人、1人のパティシエ、1人の米生産者が空の下に集まり、この街ならではの美味しさを届ける3晩だけの屋外レストラン。参加者には老舗の人もいる。震災後に店を出した新世代の人もいる。そして彼らのクリエイティビティが、上質な地元の素材を素晴らしい料理に変えていく。

Ishinomaki Yuunagi Dining was opened at the plaza in front of Shochiku, one of participating restaurants with a history of over 300 years. This plaza where you can feel the nice river breeze has been a magnet for people since the first Stand Up Week after the 311 tsunami. This space is a treasure of Ishinomaki downtown.
石巻夕凪ダイニングがオープンしたのは、参加店の一つで300年以上の歴史を持つ「松竹」の前の広場。心地よい川風を感じられるこの広場は、震災後の夏に行われた最初のStand Up Week以降、ずっと人々を惹きつける場所になってきた。この空間は石巻中心部の宝物。

Entree: Roasted fat greenling from Oshika Peninsula with a sauce using local tomatoes. And abalone from Sanriku steamed with sake. Chef: Mr.Hisatoshi Abe from Shochiku.
主菜:牡鹿半島産アイナメの塩焼きを、地元のトマトを使ったソースで。三陸産アワビの酒蒸しを添えて。シェフ:松竹の阿部久利さん。

The power of Ishinomaki soil created an amazing rice ball. This is made from sasashigure rice produced by rice-farming maestro Mr.Ota without using any fertilizer and agrochemicals. You don't need toppings. Just enjoy the rich taste of the rice.
石巻の土の力が、この驚くべき握り飯を作った。使われている米はササシグレ。米作りのアーティストである太田さんが無肥料、無農薬で育てている。米の味わいがあまりにも豊かなので、お握りに何かを入れる必要はない。

The dessert illustrates colorful community of Ishinomaki. A chocolate cake with ISHINOMAKI 2.0 logo is a nice end punctuation for the beautiful dinner course filled with local pride. 
カラフルな石巻のコミュニティを描いたようなデザート。ISHINOMAKI2.0のロゴがあしらわれたチョコレートケーキは、石巻の誇りに満ちた美しいディナーコースの句読点にふさわしい。

Aug 19, 2014

ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2014: NORIMAK! PROJECTS PART1





"NORIMAK! Projects" are led by teams of local high-school students who are members of Ishinomaki School. Based on the ideas they came up with during the course, 4 different teams execute 4 different programs in Ishinomaki Stand Up Week 2014. "NORIMAK!" pronounced as "norimaki" means rolled sushi with nori (laver seaweed). Nori is Ishinomaki's local speciality and the word nori has a pun for the word "groove". What's inside norimaki is colorful and diverse like teams themselves. Teams also love the idea that the word maki (roll), which is used in the name of their city, implies getting people involved in something. Tonight, one of Norimak! members Oshika-kun collaborates with a team from Rhizomatiks and created an interactive projection art. They project colorful objects onto the spaceship-like building of Manga Museum across the river and participants can move them around with their hands in the air. A high-school boy can make a gigantic projection mapping together with the most sought-after creative shop in the world. Only in Ishinomaki.
NORIMAK!(ノリマキ)プロジェクトは、いしのまき学校に参加している石巻の高校生たちによるプロジェクト。学校で出したアイデアをもとに、石巻Stand Up Weekの期間中に4つのチームが4つのプログラムを実施する。海苔巻きの海苔は石巻の名物。そして「ノリがいい」の「ノリ」の意味にもなる。海苔巻きの中身はカラフルでバラエティ豊かで、まるでこのチームのよう。街の名前にも入っている「マキ」には、みんなを巻き込むイメージもある。といった理由でこの名前がつけられた。今夜、NORIMAK!のメンバーの一人、オシカ君がライゾマティクスのチームと一緒に制作するのはインタラクティブなプロジェクションアート。川の反対側にある宇宙船のような萬画館の建物にカラフルなオブジェクトを投影し、手を空中で動かすとそれを操ることができる。一人の高校生が、今世界で一番注目されているクリエイティブ集団と一緒に巨大なプロジェクションマッピングを作り出す。こんなことができるのは、石巻だけ。

Aug 17, 2014

ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2014: ISHINOMAKI COLLECTION





Ishinomaki Collection a.k.a. "Maki-Colle" is the fashion show conceived, prepared, and executed only by high-school girls in Ishinomaki and it's a feature of Ishinomaki Stand Up Week 2014. Their concept is the rebirth of "Ishinomaki Casual" which was popular when their moms were younger. Several pros in Tokyo's fashion industry inspired them via video hangout during the course of planning and Konno Konpou, a local package and cardboard manufacturer, created props for them. I helped them write copy for posters and flyers. They ran 2 shows – a daytime show at Tachimachi Shopping Mall and an evening show at Kotobuki Dance Hall - and both were quite successful with full-house crowds. We witnessed creativity, energy, and love for the hometown of Ishinomaki youths were bursting out of the runway.
石巻Stand Up Week2014の見逃せないプログラムの一つとして、石巻コレクション「マキコレ」が開催された。「マキコレ」は石巻の女子高校生たちだけで企画、準備、実施されたファッションショー。彼女たちのお母さんが若かった頃に人気があった「石巻カジュアル」を復活させたい、というのがそのコンセプトになっている。企画中は東京のファッション業界のプロたちがビデオハングアウトで彼女たちをインスパイアし、舞台美術は地元の梱包資材/段ボール製造会社である今野梱包さんが製作してくれた。僕はポスターやフライヤーのコピーライティングを手伝った。昼の部は立町商店街で。夜の部は寿ダンスホールで。2つのショーは完全に人で埋まり、大成功。ランウェイからは、石巻の若い世代のクリエイティビティ、エネルギー、そして街への思いがあふれ出ていた。

Aug 15, 2014

ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2014: KOTOBUKI DANCE HALL PART2

DJ Adrian from La Havana, Cuba.
DJ Adrian・フロム・ラバーナ・キューバ。

Yoshi, a member of Kotoba Juku, in charge of the bar this evening.
今夜のバー担当は、コトバ塾メンバーのヨシ。



We built a dance hall in this city. To dance with the future.
僕らはこの街にダンスホールを作った。未来と踊るために。

Aug 13, 2014

ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2014: KOTOBUKI DANCE HALL PART1




Early this year, Ishinomaki's local rapper Gakudan Hitori and his mates came up with the idea to hand-build a discotheque in downtown Ishinomaki renovating an ex-bar devastated by the 311 tsunami. The idea immediately attracted a lot of people on Internet and I created a concept movie using Gakudan's song to raise more awareness. And in less than a half year, the discotheque is here. It was named Kotobuki Dance Hall. Kotobuki is the name of the street where this discotheque is located. "Dance" here doesn't only mean a physical dance but also means interactions of spirits and minds in any form of expressions like music, theatrical plays, art, design, and technology. On the occasion of Ishinomaki Stand Up Week 2014, Kotobuki Dance Hall made its grand opening with its first music event "Kotobuki First Dance." This place will become a new temple of Ishinomaki's culture as a symbol of city's do-it-yourself-with-buddies spirit.
石巻の中心部にある311の津波で被災した元バーを自分たちで改装してディスコを作ろう。今年のはじめ、石巻のラッパーである楽団ひとり氏と彼の仲間たちが、そんなアイデアを思いついた。彼らのアイデアはネット上で瞬く間に多くの人に支持され、僕もムーブメントをさらに広げるために、楽団氏の曲を使ってコンセプトビデオを制作した。それから半年もたたないうちに、そのディスコがここにある。名前は寿ダンスホール。「寿」はこのディスコがあるストリートの名前からとった。「ダンス」とは体を動かすダンスのことだけでなく、音楽、演劇、アート、デザイン、テクノロジーなど、あらゆる表現形態による精神のインタラクションのことでもある。そして寿ダンスホールは、石巻Stand Up Week2014の中でグランドオープニングを迎える。最初のプログラムは「Kotobuki First Dance」というミュージックイベント。この場所は「仲間と一緒にDIYする」という石巻のスピリットのアイコンとして、この街の文化の新しい聖地になるだろう。

A few hours to go till grand opening. With Hinako, a design guru of Kotoba Juku and Art Director for Kotobuki Dance Hall. Red Solo Cups they use here are what I bought in the US.
グランドオープニングまであと数時間。コトバ塾のデザインリーダーであり、寿ダンスホールのアートディレクターであるヒナコと。ここで使われるレッドソロカップは、僕がアメリカで買ったもの。

Aug 11, 2014

ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2014: AITOPIA AVENUE AREA PART1

Moving on to Aitopia Avenue. IRORI Ishinomaki, the global headquarters of ISHINOMAKI 2.0, is busy serving as a central information center during Stand Up Week.
アイトピア通りへ移動する。ISHINOMAKi 2.0のグローバルヘッドクォーターであるIRORI石巻は、Stand Up Weekの期間中、中央インフォメーションセンターとして大活躍。

”Boxed secondhand book markets" are everywhere in the downtown.
街の中心部では、そこここで「一箱古本市」が開かれている。


Saying hi to Mr. and Mrs. Yonekura of Kameshichi Kimono Store.
かめ七呉服店の米倉ご夫妻にご挨拶。

In the building next door to Kameshichi, Rhizomatiks, musician Takeshi Kobayashi, and singer Salyu created an interactive light and sound installation titled "breath/resonance". This space used to be a hair salon.
かめ七の隣の建物では、「breath(呼吸)/ resonance(共鳴)」と名付けられたライゾマティクス+小林武史+Salyuによる音と光のインタラクティブインスタレーションを体験できる。ここは以前はヘアサロンだった空間。

Aug 9, 2014

ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2014: TACHIMACHI AND STATION AREA PART1

A beautiful Ishinomaki morning. Banners are up on Tachimachi Shopping Mall Street to welcome guests.
良く晴れた石巻の朝。立町商店街にのぼりがそろい、参加者を迎える。

Information Center for Stand Up Week was placed inside the city hall building in front of Ishinomaki Station.
石巻駅前にある市役所の建物の中には、Stand Up Weekのインフォメーションセンターが置かれた。

This year Stand Up Week has more than 50 programs during 7-day event period.
今年のStand Up Weekは盛り沢山。7日間の期間中に50以上のプログラムがつめ込まれている。

Outdoor movie theater has been one of the most iconic programs of Stand Up Week since the first event in 2011. At that time, movies were projected onto the wall of a riverside building devastated by the tsunami. This year we used a lot at Tachimachi and it was a full house with families and kids.
2011年の初回以来ずっと、Stand Up Weekのシンボルの一つになっている屋外映画館。当時は津波の被害を受けた川沿いのビルの壁をスクリーンにしていたが、今年は立町で開催する。会場となった空き地は、家族連れや子どもたちで埋め尽くされた。

When I'm in the city center of Ishinomaki, I always enjoy bumping into someone. I met Ryo-san (left), one of tutors at Ishinomaki School, and Kitano-san (right) who is in charge of cinema program at ISHINOMAKI 2.0. Outdoor movie theater is, of course, her project.
石巻の中心部にいると、いつもいろいろな人と鉢合わせするので楽しい。左はいしのまき学校のチューターの一人、亮さん。右はISHINOMAKI 2.0映画プログラムを担当する北野さん。屋外映画館はもちろん彼女のプロジェクト。

Aug 7, 2014

ISHINOMAKI GRAND HOTEL (4)


My regular hotel in Ishinomaki became my homebase during Stand Up Week 2014. For the first time, I checked into twin-bedded room.
石巻のいつものホテルが、Stand Up Week 2014期間中の僕の基地になった。ツインベッドの部屋は初めて。

Aug 5, 2014

ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2014: ISHINOMAKI IDEA TRAIN PART2

This workshop doesn't have a whiteboard but glass windows with beautiful backgrounds.
このワークショップにはホワイトボードはない。そのかわり、美しい背景を持ったガラス窓がある。

Professional storyteller Ms. Ginya Tanabe, who was on board with attendees, told the history of Senseki Line which connects Sendai and Ishinomaki in traditional kodan style.
同乗した講談師の田辺銀冶さんが、仙台と石巻を結ぶ仙石線の歴史を伝統的な講談のスタイルで語る。


Arrived at Ishinomaki Station and welcomed by station staff.
石巻駅に着くと、駅の職員の方々が出迎えてくれた。

Then attendees met Goto-san, Chairman of Ishinomaki Tourism Association, and presented ideas they came up with on the Idea Train. I think this meeting turned to be a great opportunity to start a new conversation on the tourism in Ishinomaki.
到着後、参加者は石巻観光協会長の後藤さんにお会いして、アイデアトレインの中で生まれたアイデアをプレゼンテーションした。このミーティングは石巻の観光に関する新しい会話を始めるための良いきっかけになったと思う。

Aug 3, 2014

ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2014: ISHINOMAKI IDEA TRAIN PART1

This year's Ishinomaki Stand Up Week started with the sound of a diesel engine. ISHINOMAKI 2.0, the organizer of Stand Up Week, chartered JR East's diesel railcars and ran them from Sendai to Ishinomaki as a "workshop on the rail". On this special train named "Ishinomaki Idea Train", attendees exchanged their ideas about how railway system can bring new possibilities for the future of Ishinomaki and Tohoku region. Here at Sendai Station, photographer Ooya-san is helping attendees check in.
今年の石巻Stand Up Weekはディーゼルエンジンの音と共に始まった。Stand Up Weekの主催者であるISHINOMAKI 2.0がJR東日本の気動車を貸し切り、「線路の上のワークショップ」として仙台から石巻まで運行。「石巻アイデアトレイン」と名付けられたこの特別列車の中では、鉄道が石巻や東北の未来にどんな新しい可能性をもたらせるか、参加者みんながアイデアを出し合った。こちらは、仙台駅で参加者のチェックインをサポートするフォトグラファーの大屋さん。


I joined the journey as one of speakers. Our railcars are Kiha-48s known as "Mangattan Liner". They have manga-themed livery to promote Ishinomaki, which has Manga Musuem as one of attractions, as the city of manga culture.
僕もスピーカーの一人としてこの列車に乗り込んだ。僕たちが乗るのは、マンガッタンライナーとして知られるキハ48。萬画館が見どころの一つになっている石巻をマンガ文化の街としてプロモートするため、車体にマンガが描かれている。

All aboard. JR's station staff at Sendai Station are sending us off.
発車の時間。仙台駅のJR職員の方々が見送ってくれる。

Matsumura-san who leads ISHINOMAKI 2.0 welcomes attendees.
参加者を歓迎する、ISHINOMAKI 2.0のリーダー、松村さん

Aug 1, 2014

SUMMER TRAIN




Going to a place under summer Tohoku sky on the Hayabusa bullet train. I'm joining Ishinomaki Stand Up Week 2014.
新幹線はやぶさで東北の夏空の下へ。石巻STAND UP WEEK 2014に参加する。

CITIES I'VE VISITED

Cover Photo: Hiro Takahashi
From the documentary movie "Flightman"
directed by Brian David Cange