Posts

THE BEVERLY HILLS HOTEL PART2

Image
At first, I thought this could be a snobby place, but it was actually a pretty nice hotel that has an atmosphere similar to those of European grand hotels and offers great hospitality that makes you want to come back again.
はじめはかなりスノッブな所だろうと想像していた。でも実際は、ヨーロッパのグランドホテルに似た雰囲気と、また泊まりたいと思わせる素晴らしいホスピタリティを持ったホテルだった。

THE BEVERLY HILLS HOTEL PART1

Image
I remember I wrote an essay inspired by the mysterious lyrics of the Eagles' song Hotel California as homework when I was a junior-high student. And I could finally check into the hotel featured on the cover art of the album which includes the song.
中学生の頃、イーグルスのホテルカリフォルニアのミステリアスな歌詞にインスパイアされた作文を宿題として提出した記憶がある。その曲が入ったアルバムのカバーに描かれたホテルに、ようやく泊まることができた。


A wonderful gift from the hotel, as if they know I have a memory associated with the song.
ホテルからの素敵なギフト。まるでホテルカリフォルニアに僕がちょっとした思い出を持っているのを知っているかのよう。

MY BIG CAT IN LA

Image
I could get a Jaguar XF at Hertz LAX. The last time I drove a Jaguar was almost 30 years ago and that was when my dad let me sit behind the wheel of his silver XJ6 (XJ40). I think I was a university student at that time. They say the XJ40 was the last car which company founder Sir William Lyons had contributed to during its development phase.
LAXのハーツでジャガーのXFをもらえた。前回ジャガーのハンドルを握ったのは30年ほど前、父親が持つ銀色のXJ6 (XJ40)を運転した時。当時僕は大学生だったと思う。XJ40は、ジャガーカーズの創業者であるサー・ウィリアム・ライオンズが開発に関わった最後のジャガーと言われている。

UPGAUGED

Image
Flying to LAX. This route was formerly operated as the red-eye with the 767-300,  but Delta acquired daytime slots at Haneda and moved its departure time to the afternoon. At the same time, they changed its flight number and upgauged to the 777 that has a herringbone seat configuration. I miss the time-machine-esque overnight operation which allowed you to arrive at LAX on previous day even though the cabin has become more spacious.
LAXへ飛ぶ。以前この路線は767-300によるレッドアイとして運航されていたが、デルタが羽田のデイタイムスロットを確保したので、デパーチャーが午後に移された。同時に便名が変わり、機材がヘリンボーンのシートレイアウトを持った777へアップゲージされている。キャビンは広くなったものの、LAXに前日に到着できるタイムマシンのような夜行便がなくなったのは残念。

Our gate buddy at Haneda was Vietnam's beautiful A350.
羽田の隣のゲートには美しいベトナムのA350が。

The departure runway was RWY 05 a.k.a. D Runway.
出発滑走路はランウェイ05 a.k.a. D滑走路

Climbed over the Edo River. Delta B777-200 HND-LAX. The 691st flight in my lifetime.
江戸川上空をクライム。デルタ B777-200 HND-LAX。生涯691フライト目。

AN AFTERNOON AT HANEDA

Image
2 hours before departure. There is nothing special going on around the international terminal. According to my favorite app, my Delta bird is soon coming down to the ground.
出発2時間前。国際線ターミナルの周りでは、特に変わったことは何も起きていない。愛用しているアプリケーションによると、僕が乗るデルタ機はまもなく地上に降りてくる。

FLYING ON THE THAI GIANT PART3

Image
After having a late night snack...
夜食を食べてから・・・

I went to bed.
おやすみなさい。


Then breakfast. They served fresh fruit and a bowl of congee which has a delicate taste.
そして朝食。フレッシュフルーツと、繊細な味のお粥。

Arrived at Narita saying good morning to a team of Komatsu pushback tugs that belongs to ANA.
成田に到着。ANAに所属するコマツのトーイングカーチームにおはよう。

FLYING ON THE THAI GIANT PART2

Image
Take-off live streamed from the onboard camera.
オンボードカメラによるテイクオフのライブストリーミング。

Four engines are always better than two engines. Especially when they are Rolls-
Royce.
いつだって4エンジンは2エンジンよりも良い。とりわけそれがロールスロイスなら。

I explored the cabin. This is the first class lounge section during cruise.
キャビンを探検。こちらはクルージング時のファーストクラスのラウンジセクション。

Inside the first class lavatory. Very spacious.
ファーストクラスのラバトリーの中。とても広々としている。

I walked through business class cabin then economy class cabin, and checked out the rear spiral staircase. It reminded me of the classic 747.
ビジネスクラスキャビンとエコノミークラスキャビンを通り抜けて、リアの螺旋階段も見に行った。クラシック747を思い出させてくれる。

FLYING ON THE THAI GIANT PART1

Image
This is my first time to fly on Thai's A380.
タイ国際航空のA380で初めて飛ぶ。

A stairway to heaven—French version(US version is here). I went up to the upper deck.
天国への階段のフランス版(アメリカ版はこちら)。アッパーデッキへ向かう。


I've chosen 2K, which is recommended by SeatGuru.
確保しておいた席は、SeatGuruが薦める2K。

They gave me pajamas. Yes, this is a red-eye. THAI A380-800 BKK-NRT. The 690th flight in my lifetime.
パジャマをくれた。そう、この便はレッドアイ。タイ国際 A380-800 BKK-NRT。生涯690フライト目。

ROYAL ORCHID SPA

Image
Took a massage at Royal Orchid Spa, a facility exclusively for TG's Royal First and Royal Silk Class passengers, before boarding. Even in Don Muang era, Bangkok's international airport had a nice massage service at its airside. And TG brought it to another level with this spa.
ボーディングの前にロイヤルオーキッドスパでマッサージ。ここを利用できるのは、TGのロイヤルファーストとロイヤルシルククラスの乗客のみ。バンコクの国際空港のエアサイドにはドンムアン時代からなかなか良いマッサージがあったが、TGはこのスパでそれを別の次元に引き上げた。

After massage, I moved to TG's Royal First Lounge and enjoyed Thai red curry which was recommended by Takemura-san.
マッサージの後、TGのロイヤルファーストラウンジに移動して、竹村さんが勧めてくれたレッドカレーを楽しむ。

ROYAL FIRST CHECK-IN

Image
Checked into my A380 flight bound for Narita at TG's dedicated check-in area for Royal First Class in Suvarnabhumi Terminal. And I booked a massage at Royal Orchid Spa at the same time. The spa, which is run by TG exclusively for Royal First and Royal Silk Class passengers, is located at the airside of the terminal.
スワンナプームのターミナルにあるTGのロイヤルファーストクラス専用チェックインエリアで、成田行きA380のフライトにチェックイン。同時にロイヤルオーキッドスパでのマッサージも予約した。ロイヤルファーストとロイヤルシルククラスの乗客だけが使えるこのTGのスパは、ターミナルのエアサイドにある。

Once checked in, a TG agent escorted me through security and passport control carrying my cabin bag.
チェックインが済むと、TGのスタッフが僕のキャリーオンバッグを持ってエスコートし、セキュリティとパスポートコントロールの通過をサポートしてくれた。

After I went through passport control, a private electric cart took me to the spa.
パスポートコントロールを通った後は、プライベート電動カートでスパまで行ける。

The driver of the cart put the pedal to the metal (plastic, to be exact) in the middle of the vast terminal.
巨大なターミナルの中、アクセル全開でカートを走らせるドライバー氏。

10 HOURS IN BANGKOK

Image
I took a ride on an Airport Link Rail train from Suvarnabhumi and went to downtown Bangkok.
スワンナプームからエアポートレールリンクの列車に乗り、バンコクのダウンタウンへ向かう。

And had a reunion with Takemura-san, a location manager based in Bangkok who I worked with when I was at Dentsu, at a Thai suki (Thai hot pot) restaurant. I was wearing a T-shirt that has his company's logo.
そして、電通時代にお世話になったバンコクのロケーションコーディネーター竹村さんと、タイスキレストランで再会。僕が着ているのは、竹村さんの会社のロゴが付いたTシャツ。

Time flies when you're having fun. Now I have to go back to the airport to catch my Narita-bound red-eye flight.
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。成田行きのレッドアイに乗るために空港へ戻らなくては。