Jun 29, 2016

GO BLUE! PART2





During our visit, Matsuzaki-san and I could meet U-M's Vice Provost and faculty members to discuss future projects which will connect U-M students and Ishinomaki's innovative organizations. I can't wait to see what this unusual collaboration brings.
今回の訪問の間に、松崎さんと僕はミシガン大学のバイスプロボストの方や教授陣と会って、U-Mの学生たちと石巻のイノベーティブな団体を結びつけるプロジェクトの計画について話をすることができた。このユニークなコラボレーションによって生み出されるものを見るのが、実に楽しみ。

Jun 27, 2016

GREEN GARAGE AND EL MOORE

Checking out intriguing community projects in Midtown Detroit with Team UMCJS. The Green Garage is triple bottom line—people, planet, and profit—coworking community and small business incubator located inside a sustainably renovated historic 1920s building which once was a showroom for Model T-based automobiles. Inside the spacious building, they created vibrant shard offices and a workshop space.
ミシガン大学日本研究センターのチームと一緒に、デトロイト・ミッドタウン地区の興味深いコミュニティプロジェクトを見学した。グリーンガレージは、社会(人間)と環境と経済(収益)に責任を持つ「トリプルボトムライン」のコワーキングコミュニティ。そのような価値を共有するスモールビジネスを育てているインキュベーターでもある。彼らは、かつてモデルTをベースにした車のショールームだった1920年代の歴史的な建物をサステナブルな方法でリノベして自らの拠点を作った。その広々とした空間の中には、活気あるシェアオフィスとワークショップスペースが用意されている。




This place was super impressive for me who loves hotels. The Green Garage converted an 1898 upscale apartment building, the El Moore, to a near-zero energy building that houses annual lease residences and overnight accommodations. Each room is beautifully appointed and the lodge is bookable online. I think these fabulous projects can be a great inspiration for local communities in Japan who are struggling to find ways to be sustainable.
ここはホテルが好きな僕にとって、とても印象的な場所。グリーンガレージが1898年に建てられた当時の高級アパート「エル・ムーア」を改造し、年契アパートメントと短期の宿泊施設を持つ、ほぼゼロエネルギーの建物として再生させた。それぞれの部屋は美しく仕上げられていて、短期のステイはオンラインで予約できる。こういった優れたプロジェクトは、持続可能な未来への道がなかなか見つからない日本の地方コミュニティに様々なインスピレーションをくれるだろう。

Jun 25, 2016

GO BLUE! PART1





Enjoying my campus life at U-M for only a few days. I feel like I became a student who came here on an ultra short-term study abroad program.
U-Mでのキャンパスライフをほんの数日間だけ楽しむ。超短期の留学プログラムで来ている留学生になったような気分。

Jun 23, 2016

LECTURE AT UNIVERSITY OF MICHIGAN CENTER FOR JAPANESE STUDIES



Together with Matsuzaki-san, President of Herman Miller Japan who has been supporting Ishinomaki Laboratory since its foundation, I delivered a lecture entitled "Ishinomaki City, Japan: A Case Study of Community Revitalization in the Post-Industrial Era" at University of Michigan Center for Japanese Studies. In this lecture, which was a part of CJS Noon Lecture series, we introduced some innovative activities born in post-tsunami Ishinomaki City and how they are bringing new possibilities and dynamism to the declining local communities. It was a great honor for me to have an opportunity like this at the oldest interdisciplinary center in the US devoted exclusively to Japanese Studies which belongs to a nearly 200-year-old university.
石巻工房をその創設期からサポートしているハーマンミラージャパン社長の松崎さんと一緒に、ミシガン大学日本研究センターで講演を行った。CJSのNoon Lectureシリーズの一つであり、「Ishinomaki City, Japan: A Case Study of Community Revitalization in the Post-Industrial Era」というタイトルがついたこの講演では、ポスト311の石巻で生まれてきたイノベーティブな活動の数々を紹介し、それらが衰退しつつあるコミュニティにどのような新しい可能性や活力をもたらせるかを考察してみた。200年近い歴史を持つ大学にある、全米で最も古い総合的な日本研究の機関でこのような機会が持てたのは、とても光栄なこと。

Opening remarks by Dr. Jonathan Zwicker, Director of Center for Japanese Studies and Associate Professor of Asian Languages and Cultures.
講演のオープニングの言葉は、日本研究センター所長でアジア言語/文化の准教授であるジョナサン・ズウィッカー先生から。

With Matsuzaki-san after the lecture. The lecture is available on YouTube.
講演後に松崎さんと。講演の様子はYouTubeで公開中

Jun 21, 2016

SHERATON ANN ARBOR HOTEL





I visited Ann Arbor, Michigan, to deliver lectures about post-tsunami Ishinomaki at University of Michigan. There are several lodging options around the campus, and as a loyal SPG member, I chose a typical highway side Sheraton. The room they gave me was quiet and had Club Lounge access. Unfortunately I had no time to use their indoor pool.
ミシガン大学でポスト311の石巻に関する講義をするために、ミシガン州のアナーバーを訪れた。キャンパスの周りにはホテルがいくつかあるが、SPGのロイヤルメンバーとして選んだのは典型的なハイウェイサイドのシェラトン。用意してくれた部屋は静かで、クラブラウンジへのアクセスもついていた。インドアプールを使う時間がなかったのは残念。

Jun 19, 2016

COMPASS FOR MICHIGAN



Hertz at Detroit Metro Airport gave me a Jeep Compass. It's nice to have a car made by a Michigan-based company for my road trip in Michigan. And of course, it has a Michigan license plate.
デトロイトメトロ空港のハーツはジープコンパスを用意してくれた。ミシガンの会社が作ったクルマでミシガンを走れるのはなかなか良い。もちろんライセンスプレートもミシガン。

Jun 17, 2016

FLYING TO THE MOTOR CITY

Flying to Detroit on Delta's A330. The last time I flew this route, the flight was operated by Northwest.
デルタのA330でデトロイトへ飛ぶ。前回この路線を飛んだのは、まだノースウエストだった頃。


I took Seat 2A. It is the very front window seat and feels very private. Seatguru.com doesn't say so, but I think 2A, and 2J on the starboard side, are the best seats on this plane.
優れたプライバシーがある窓側最前列のシート2Aを確保。Seatguru.comにはそう書かれてはいないが、2Aとスターボード側の2Jはこの機材で最良のシートだと思う。


Arrived in the Motor City. It's been a while. Delta A330-200 NRT-DTW. The 655th flight in my lifetime.
モーターシティに到着。久しぶり。デルタ A330-200 NRT-DTW。生涯655フライト目。

Jun 15, 2016

THE QUEEN, THE NEW FACE, AND THE GREAT CEO

A marshaller is guiding one of Delta's last remaining 747s to the gate. Bird watching at NRT T1 becomes something special when the queen is around.
残っているデルタの747はあとわずか。そのうちの1機をマーシャラーがゲートに誘導する。女王がいると、成田1タミでのバードウォッチングもちょっと特別なものになる。

A new face at the North Wing, XiamenAir. They added more choice to the SkyTeam network at NRT.
北ウイングの新顔、厦門航空。彼らが就航したので、成田発のスカイチームネットワークで選択肢が増えた。

This triple-seven is named after David C. Garrett, the President/CEO of Delta from 1971 to 1987 who started his career as a reservation agent for the airline. In challenging times for the airline industry, he built a solid business foundation which paved the way for Delta's future success as a global airline. During his tenure as CEO, Delta introduced its frequent flyer program. And that program now enables me to fly almost anywhere in the world for virtually free.
1971年から87年にかけてデルタの社長とCEOを務めたディビッド・C・ギャレット氏の名前を冠したトリプルセブン。同社の予約係からキャリアをスタートさせたギャレット氏は、航空業界に逆風が吹いている時代の中で強固な経営基盤を築き、やがてそれがデルタのグローバルエアラインとしての飛躍につながっていった。氏のCEO在任中にデルタはフリークエントフライヤープログラムを導入したが、このプログラムのおかげで今僕は世界中ほとんどどこへでも実質上タダで飛ぶことができる。

Jun 13, 2016

GEEKY DINNER TIME




I know this place since my childhood, but this is my first visit. Curry over Rice Restaurant Niagara near Yutenji Station is a holy site for railway geeks. Here your dishes are delivered to your table on a flatbed car pulled by a steam locomotive. And while dining, a restaurant staff dressed in a JNR train conductor uniform gives you a detailed explanation of their memorabilia collection.
この店のことは子どもの頃から知っていたが、実際に訪れるのは今回が初めて。祐天寺駅のそばにある鉄道マニアの聖地、カレーライスの店「ナイアガラ」に行ってみた。注文した料理は、蒸気機関車が引く無蓋貨車に載せられてテーブルにやってくる。そして食事中は、国鉄の車掌の制服を着たスタッフの方が店のお宝コレクションについて詳しく説明してくれる。

Sado Express. Towada Express... These train names make me feel nostalgic.
急行佐渡。急行十和田。懐かしい列車名が並ぶ。

Jun 11, 2016

YAMABIKO TRAIN BACK HOME





The Hayabusa is quicker, but I usually choose the Yamabiko whose cabin has less passengers and feels more private.
「はやぶさ」の方が速い。でも僕がいつも選ぶのは「やまびこ」。キャビンの客が少なくて、よりプライベートな感じがするので。

Jun 9, 2016

LECTURE AT ISHINOMAKI SCHOOL

This is another reason to come to Ishinomaki this time. I delivered a lecture at Ishinomaki School, a grassroots education program designed to inspire and motivate high school students in Ishinomaki.
これも今回石巻へ来た理由の一つ。石巻の高校生をインスパイアするグラスルーツの教育プログラム「いしのまき学校」で講義を担当した。

We rented Yahoo! Japan's Ishinomaki Fukko (Revitalization) Base as the venue. I love this space which looks and feels like a creative studio.
会場として借りたのはYahoo! Japanの石巻復興ベース。ここはクリエイティブスタジオのような雰囲気があるので、とても気に入っている。

Photo: Gota Matsumura


At Ishinomaki School, students can learn what they won't learn in school. I introduced how to develop each idea into creative headlines in a hands-on workshop which uses real world examples and methods. I believe these methods are effective even for communications outside marketing.
Photo: Ishinomaki School
学校で学べないことを学べる。それが、いしのまき学校。今回僕は、実例や実践的なメソッドを使った参加型ワークショップを行い、個々のアイデアをクリエイティブなキャッチフレーズとして表現していく方法を紹介した。この手法は、マーケティング以外の様々なコミュニケーションでも活用できるはず。

CITIES I'VE VISITED

Cover Photo: Hiro Takahashi
From the documentary movie "Flightman"
directed by Brian David Cange