Posts

ANYANG ART PARK PART1

Image
Went on a day trip to Anyang Art Park taking a Korail train from downtown Seoul.
ソウルのダウンタウンからKORAILの電車に乗って、安養芸術公園へ日帰りの旅に出かける。


At Anyang Art Park in Anyang, a city located to the south of Seoul, you can find many public artworks and architecture projects while strolling around the woods. This is Kengo Kuma's "Paper Snake", an origami-inspired resting shelter.
ソウルの南、安養市にある安養芸術公園では、様々なパブリックアート作品や建築プロジェクトと出会いながら林の中を散策できる。これは隈研吾氏による、折り紙にインスパイアされた休憩施設「ペーパースネーク」。

"Mirror Labyrinth" by Jeppe Hein, an artist based in Berlin and Copenhagen.
ベルリン&コペンハーゲンベースのアーティスト、ジャップ・ハイン氏による「ミラーラビリンス」。

"Boy & Girl" by Korean artist Yi Hwan Kwon. It surprises you suddenly appearing among trees.
韓国のアーティスト、イ・ファングォン氏の「ボーイ&ガール」。木々の間に突然現れるので驚く。

LE MÉRIDIEN SEOUL PART3

Image
A top notch lounge, a large swimming pool, and excellent service by the hotel staff are not the only ways to compensate for out-of-date rooms at Le Méridien Seoul. They offer hotel guests free admission to M Contemporary, a modern art gallery & art center located at the foot of the hotel. Bringing creativity into the hotel might be a better idea than just trying to be hip and cool.
ここル・メリディアン ソウルで部屋のいけてなさを埋め合わせているのは、レベルの高いラウンジ、大き目のスイミングプール、スタッフによる優れたサービスだけではない。ホテルの足元にある「M コンテンポラリー」というモダンアートギャラリー&アートセンターへの無料アクセスもついてくる。ホテルにクリエイティビティをプラスするのは、単にヒップでクールな感じを目指すよりも良いアイデアかもしれない。

XXXX ME, Anna So Young Han.
アンナ・ソウ・ヤング・ハン氏の作品、"XXXX ME"。

Moholy-Nagy's work projected on the wall.
壁にはモホリ=ナジのプロジェクション。

LE MÉRIDIEN SEOUL PART2

Image
I couldn't give thumbs-up to the room but hotel's Club Lounge and hospitality of the people working there were outstanding. The lounge was so comfy that I kept coming back for breakfast, afternoon breaks, and after-dinner coffee. And it comes with a big bonus —a rooftop balcony where you can enjoy a Gangnam-style night view.
部屋はあまりパッとしないが、クラブラウンジと、そこで迎えてくれるスタッフのホスピタリティは素晴らしい。あまりに快適なので、朝食から、午後に少し休みたい時、そしてアフターディナーコーヒーまで、かなり頻繁に使わせてもらった。ラウンジには、ガンナムスタイルな夜景が楽しめるルーフトップバルコニーという魅力的なおまけもついてくる。

Their swimming pool and jacuzzi are also impressive.
スイミングプールとジャクージも、なかなか。

LE MÉRIDIEN SEOUL PART1

Image
Checked into the latest Starwood property in Seoul. This hotel originally opened as the Ritz Carlton in 1995 and became Le Méridien after a hasty 8-month renovation in 2017. So it's not technically a new hotel. Their lobby and rooms got a face-lift, but the basic structure of room floors is built on standards for Korean luxury hotels in the 90s. Therefore the room has a low ceiling and its bathroom is small. As a new face in Seoul's 5-star hotel community, it's not so awesome.
ソウルで一番新しいスターウッドのプロパティにチェックイン。このホテルはもともとリッツ・カールトンとして1995年にオープンし、2017年に8か月間というせっかちなリノベーションを経てル・メリディアンになった。つまり、厳密に言うと決して新しいホテルではない。ロビーや部屋は化粧直しが施されているものの、ルームフロアの基本構造は韓国のラグジュアリーホテルが90年代に持っていた基準のまま。だから部屋の天井は低く、バスルームが狭い。ソウルの5つ星ホテル界の新顔としては、ちょっと残念。

PRIVATE FIRST CLASS

Image
Flying to Gimpo on my regular seat 1A. Again, I could get 772's first class cabin all to myself.
いつものシート、1Aで金浦へ飛ぶ。またしても772のファーストのキャビンを独り占め。

Breakfast bibimbap, like the last time.
前回同様、ブレックファーストビビンバ。

Landed at Gimpo and found 2 ex-Korean 747-400Fs on the tarmac. They might be sold to other airlines or scrapped soon. KOREAN AIR B777-200 HND-GMP. The 706th flight in my lifetime.
金浦に降りたら、ターマックの上に元コリアンの747-400Fが2機いた。じきにほかのエアラインに売られるか、スクラップになるのだろう。コリアンエア B777-200 HND-GMP。生涯706フライト目。

HANEDA IN THE RAIN

Image
A rainy morning at Haneda. JAL's Sakura Lounge Skyview is vacant and quiet. Soon I will take a triple to go above the rain clouds.
羽田、雨の朝。JALのサクララウンジ・スカイビューはガラガラで静か。まもなくトリプルに乗って雨雲の上に行く。

THE PRINCE GALLERY TOKYO KIOICHO PART2

Image
My evening activity One: A swimming pool, a jacuzzi, and a spa bathtub all to myself. It feels so good to look down at Nagatacho, Japan's political nerve center,  while being fully naked.
夜のアクティビティ、その1。スイミングプール、ジャクージ、そしてスパのバスタブを独り占め。日本の政治の中枢、永田町を全裸で見下ろすのは実に気持ちがいい。


My evening activity Two: Chilling out at Club Lounge.
夜のアクティビティ、その2。クラブラウンジでのんびり。

Overall it was a fabulous stay beyond my expectations. I felt their genuine hospitality at every corner of the facility. As a Tokyoite who knows the Prince Hotels in the 90-00s, the Prince brand had never been my first choice. However, the experience at this hotel completely changed my perception toward them.
施設のあらゆる部分で真のホスピタリティを感じることができ、全体として期待以上の滞在だった。90-00年代のプリンスホテルを知っている東京人として、これまでは自ら好んでプリンスブランドを選ぶことはなかったが、このホテルでの経験によって彼らに対する認識が完全に変わった。

THE PRINCE GALLERY TOKYO KIOICHO PART1

Image
Because my bedroom at home is under renovation, this hotel becomes my temporary home for the next few days. They gave me a cozy and functional corner room which offers a dazzling night view of Tokyo's city center. There used to be Akasaka Prince Hotel a.k.a. Aka-Pri (Its most recent name was Grand Prince Hotel Akasaka)—a part of the Prince Hotels which was not necessarily enjoying a good reputation in the days before its reorganization in the mid 00s— at this location. A few years ago, they completely reconstructed the building and the hotel was reborn as The Prince Gallery, a new Starwood property under the Prince's management. This is the closest Starwood hotel to my home and I'm glad it's the first Luxury Collection branded hotel in Tokyo. 自宅の寝室が改装中なので、数日の間、このホテルが仮の自宅になる。もらったのは居心地の良い機能的なコーナールームで、窓の外に広がる都心の夜景が素晴らしい。かつてこの場所には、00年代半ばの事業再編までは必ずしも評判が良かったとはいえないプリンスホテルズに属する赤坂プリンスホテルa.k.a.赤プリ(最後の名前はグランドプリンスホテル赤坂)が建っていたが、数年前にビルが完全に建て替えられ、ホテルもプリンスの運営のまま、スターウッド系列のプリンスギャラリーとして…

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS ATAMI PART3

Image
Hakone has a lot of good places to stay but weekend traffic around there is its huge drawback. You can take a train from Tokyo, but you need to transfer to the Hakone Tozan Railway, which is slow and usually crowded, at Hakone Yumoto to reach the main hot spring area. On the other hand, Atami has a great advantage in terms of access, since you can take a quick Shinkansen ride directly to Atami Station and high-end hotels have van or contracted cab service that will pick you up at the station for quick and smooth check-in. And now Atami has The Hiramatsu. That's another advantage for this area.
箱根にはいい宿がたくさんあるが、周辺エリアの週末の渋滞が大問題。東京から電車でも行けるとはいえ、主要な温泉エリアに泊まる場合は、遅くて、だいたいいつも混んでいる箱根登山鉄道に箱根湯本で乗りかえなくてはいけない。一方、熱海はアクセス面が非常に有利で、新幹線で直接熱海駅まで行けば、ハイエンドホテルの場合、バンや契約タクシーが駅でピックアップしてくれるので、すばやくスムースにチェックインできる。そして熱海にはTHE HIRAMATSUができた。つまり、熱海はさらに有利になった。

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS ATAMI PART2

Image
The experience at The Hiramatsu is something similar to those at global players like Aman and GHM. They are a true game changer for Atami which was once regarded as a depressed hot spring destination.
THE HIRAMATSUでのエクスペリエンスは、アマンGHMといったグローバルプレイヤーたちが用意しているものに近い。かつては衰退した温泉地といったイメージがあった熱海にとって、このリゾートは真のゲームチェンジャーだと思う。