FLYING LEGEND

With Mr. Jun Takahashi, honorary chairman of Japan Flying Association. He was born in Tokyo in 1922, joined Japanese Imperial Navy as a pilot and flew the G3M attacker "Nell", military version of Nippon-Go, and famous G4M "Betty". He told us how the G3Ms were nice and easy to handle. After WW2, he rejected job offer from Japan Airlines under control of Northwest and established Japan Flying Club to nurture Japanese aviators in peaceful sky. Now he is 85 years old and still flying once a week as the oldest flying pilot in Japan with more than 24,500 flight time. He also has experiences to become a fashion model for the brands like COMME des GARÇONS and Paul Stuart. I was extreamly honored to have a dinner with him listening to his amazing stories of the sky. He showed me even a 85-years-old man can stay away from being old. I am still less than a half of his age. Can I stay young and uninvincible till the day I die like Gallagher brothers sing?
日本飛行連盟名誉会長の高橋淳さんと。氏は1922年に東京に生まれ、大日本帝国海軍にパイロットとして入隊。ニッポン号の軍用バージョンである九六式陸上攻撃機と、有名な一式陸上攻撃機を飛ばしていた。高橋さん曰く、九六式は実に扱いやすく、良い機体だったとのこと。戦後はノースウエスト航空のコントロール下に置かれた日本航空からのオファーを断り、平和な空で日本の飛行家を育てるために日本飛行クラブを設立。現在は85歳で、24,500時間以上の飛行時間を持つ日本最高齢の現役パイロットとしていまだに週に一度飛び続けている。さらに氏は、コムデギャルソンやポールスチュアートといったブランドのファッションモデルをした経験もある。数々の驚くべき空の物語を伺いながらディナーをご一緒できたのは、この上なく光栄なこと。たとえ85歳でも老人にならずにいられることを教えていただいた。 僕はまだ氏の半分以下の年齢。僕は死ぬまで「若く、無敵」でいられるだろうか?ギャラガー兄弟が歌うように。


With crews of "Team Nippon-Go" at Chofu Airfield. From left: Yanagi-san. Takahashi-san (Check out ex-Imperial Navy pilot is wearing denim wonderfully.) Harada-san. Yabe-san and Kaoru.
「チーム・ニッポン号」のクルーの皆さんと調布飛行場にて。左から:柳さん。高橋さん(元帝国海軍パイロットがカッコ良くデニムを履いていることに注目)。原田さん。矢部さん。カオル。

Comments