CHEYENNE IN OSAKA PART1



As a special treat to the author who is writing a novel on their historical plane "Nippon-Go", Aviation Department of The Mainichi Newspapers invited Ms. Maha Harada to the special flight of their corporate plane "Phoenix II" that departs from their own hangar at Osaka Itami Airport. Harada-san's editor, Yanagi-san from The Mainichi Newspapers, and I also joined this gorgeous tour in the sky over Kansai as the members of "Team Nippon-Go."
毎日新聞社の歴史的な航空機「ニッポン号」の小説を書いている作家への特別なはからいとして、同社航空部が原田マハさんを社有機「フェニクスII」の特別飛行へご招待。毎日が大阪伊丹空港に持つハンガーから出発する。毎日新聞社の原田さん担当編集者である柳さんと僕も、「チーム・ニッポン号」のメンバーとして、この関西上空のゴージャスなツアーに参加させてもらう。

"Phoenix II" is the Piper Cheyenne. This is one of two Cheyennes in Japan, and the other one that belongs to Nippon Aerotech in Chofu was coincidentally in the hangar when we shot my "Flightman" movie there.
「フェニックスII」の機体はパイパー・シャイアン。日本で2機しかないシャイアンの1機であり、もう1機は偶然にも、僕の映画「フライトマン」を調布で撮影する際、そのハンガーの中にいた日本エアロテックの機体。

TCA chart of Osaka area. Capt. Fujita and Pilot Mr.Anzai told us "Today we can fly you anywhere you like." I've never heard of these kinda words from cockpit crews throughout my whole aviation experiences.
これは大阪エリアのターミナルコントロールエリアのチャート。機長の藤田さんとパイロットの安西さんは「今日は皆さんが行きたいところどこでも飛びますよ」と言ってくれた。これまでの全航空体験の中で、コクピットクルーからこんなコトバを聞いたことはない。

Comments