MR.HIDENORI FUKUOKA

"I sometimes check your blog." He wrote on his new year card I received last month. Last summer I met him by chance at the position of Car No.6 on underground platform No.4 at Tokyo Station where I always start my trip abroad. He was also on his way to India as business trip on the same Narita Express train. Mr. Hidenori Fukuoka, a.k.a. Eiten-san, my very first mentor of copywriting and Senior Creative Director of Dentsu, passed away in New York City. He was 51 years old. Without Fukuoka-san, without his tender toughness and warmth, I couldn't start my career as a copywriter 17 years ago. I wish heaven had Internet access, so I keep showing him how I am doing on this blog. Fukuoka-san, thanks to you, I am still here today, working as usual, and doing well.
Photo: From a blog by "maybemay"
「ブログ時々覗いてます」先月くれた年賀状にはそう書いてあった。昨年の夏には、僕がいつも海外への旅を始める場所、東京駅地下4番線ホームの6号車のポジションで偶然出会った。氏も同じ成田エクスプレスでインドへ出張に出かけるところだった。僕の一番最初のコピーライティングの師匠であり、電通の局次長/シニアクリエーティブディレクター、仲間にはエイテンさんとも呼ばれた福岡英典さんが、ニューヨークで亡くなった。享年51歳。福岡さんがいなければ、氏の厳しさと温かさがなければ、17年前僕はコピーライターとしてのキャリアをスタートすることはできなかっただろう。天国にもインターネットアクセスがあるといい。そうすればこのブログで近況を伝え続けることができるから。福岡さん。あなたのおかげで、僕は今日もここにいて、変わらず仕事をして、元気にやっています。

Comments