TEAM NIPPON-GO WITH JAPA

Capt. Matsuura of Nippon Aerotec invited Ms. Maha Harada and "Team Nippon-Go" to talk about culture side of aviation in Japan in front of private pilots at the safety lecture session of Japan Aircraft Pilot Association.
日本エアロテックの松浦機長が、原田マハさん「チーム・ニッポン号」日本航空機操縦士協会の安全講習会へ招待。多くのプライベートパイロットの皆さんの前で日本の航空の文化的な側面について語るチャンスをくれた。

The venue is "Galaxy Hall" in Terminal 1 building of Tokyo Haneda International Airport.
会場は、東京・羽田国際空港ターミナル1にある「ギャラクシーホール」。



We introduced the story and behind the scene of Harada-san's aviation novel "Tsubasa wo kudasai~Freedom in the sky." We also talked about how "Team Nippon-Go" supports the author and history of Mitsubishi planes that have evolved from 1939 "Nippon-Go" to the YS-11, then to the MRJ. After lecture session, we were also invited to a casual party in next room where we could meet a lot of wonderful private pilots who have quite interesting experiences and stories.
僕たちは原田さんの航空小説「翼をください~Freedom in the sky」のストーリーや舞台裏を紹介。「チーム・ニッポン号」がどのように作家をサポートしているかということや、1939年の「ニッポン号」からYS-11、MRJへとつながる三菱航空機の歴史についても語った。講習会の後は、隣の部屋で開かれたカジュアルなパーティにも出席。数々の興味深い経験や物語を持つプライベートパイロットの方々と交流させていただいた。

Comments