JOE

It's past midnight. Another time to burn the midnight fuel. Joe, WKT's Studio Manager, stopped by at my desk to say good-bye. He will go back to PDX on tomorrow's flight. He has always organized things to make our ideal presentation happen, like experienced flight engineer who never fails to check the fuel panel all the time. Now he holds a pose with my FedEx DC10. Thank you, Joe, for giving us the power to move forward.
真夜中過ぎ。またしてもミッドナイトフューエルを焚いて深夜作業の時間。WKTのスタジオマネージャーのジョーがさよならを言うために僕のデスクにやってきた。彼は明日のフライトでポートランドに帰る。ジョーは燃料計から決して目を離さない熟練のフライトエンジニアのように、常に僕たちが最良のプレゼンテーションができるよう、様々なことをオーガナイズし続けてくれた。僕のFedExのDC10を持ってポーズ。ジョー、前へ進むための力をありがとう。

Comments