TSUBASA WO KUDASAI LAUNCH PARTY PART1


The launch party of Ms. Maha Harada's novel "Tsubasa wo kudasai~Freedom in the sky" was held at Restaurant Alaska in headquarters of The Mainichi Newspapers, the publisher of the novel.
原田マハさんの小説「翼をください~Freedom in the sky」の出版記念パーティが、出版元である毎日新聞社本社にあるレストラン・アラスカで開かれた。

Harada-san is busy signing autographs on her new book for party guests. Right: Supervisor of this project, Yabe-san from Mori Building.
パーティのゲストのため、新刊にサインをするのに忙しい原田さん。右:このプロジェクトのスーパーバイサーである森ビルの矢部さん。

Guest has arrived. Capt. Matsuura of Nippon Aerotec whose base is Chofu Airfield. Last year, he set up my wedding party at his hanger with Harada-san.
ゲストの皆さんも到着。調布飛行場をベースとする日本エアロテックの松浦機長。昨年、原田さんと一緒に同社のハンガーで僕のウェディングパーティを企画してくださった方。

Harada-san with Mr. Jun Takahashi, Japan's oldest active pilot who flew the same type of plane as "Nippon-Go" (hero plane of the story) during WWII. He is now 87 years old and helped us to write how to fly 1930-40s Japanese twin-engine planes in very vivid way.
原田さんと日本最高齢の現役パイロットである高橋淳さん。大戦中に「ニッポン号」(小説に登場する航空機)と同型の機種を操縦していた氏は現在87歳。1930-40年代の日本の双発機の飛ばし方を詳細に教えていただくことで、物語がよりリアルになった。

Comments