TSUBASA WO KUDASAI LAUNCH PARTY PART2

Party starts from opening speech of Mr. Yutaka Asahina, President of The Mainichi Newspapers.
パーティは毎日新聞社社長、朝比奈豊さんのご挨拶で開会。

Toast by Mr, Nobuo Toda, Vice Chairman of Mitsubishi Aircraft Corporation who is developing MRJ, the first Japanese jetliner after YS-11 in 1960s. "Team Nippon-Go" met him once at their headquarters in Nagoya.
乾杯は、1960年代のYS-11以来初めての国産ジェット旅客機であるMRJを開発中の三菱航空機副会長、戸田信雄さん。「チーム・ニッポン号」は名古屋の本社で一度お会いしている

It was a great honor for me to meet family members of 1939 "Nippon-Go" cockpit crews. Right: Ms. Sumiko Adachi, a daughter of Capt. Sumitoshi Nakao. Left: Ms. Mihoko Nakamura, a daughter of pilot Mr. Yoshida.
大変光栄なことに、1939年に「ニッポン号」を飛ばしたコクピットクルーのご家族にお会いすることができた。右:中尾純利機長の長女でいらっしゃる安達純子さん。左:吉田操縦士の長女でいらっしゃる中村美保子さん。

Newspaper article of the day when "Nippon-Go" departed for round-the-world flight from Haneda Airfield in 1939, brought by Adachi-san.
「ニッポン号」が羽田飛行場より世界一周フライトに出発することを伝える1939年の当日の新聞記事。安達さんが持ってきてくださった。

The future of Japanese aviation meets its history. Mr. Toda greets the families of "Nippon-Go" crews. An invisible bond of Mitsubishi airplane's DNA is here. A great moment.
日本の航空の未来がその歴史と出会う。「ニッポン号」クルーのご家族に挨拶をされる戸田副会長。見えない三菱の翼のDNAが双方を結んでいる。素晴らしい瞬間。

Comments