Posts

Showing posts from November, 2009

WKT HELLO & GOODBYE PARTY PART2

Image
Ex. ECD of WKT Yone-san presents a bouquet to Sumiko.元WKTのECDヨネサン、スミコに花束贈呈。
Anthony & Mai. アンソニー&マイ。
Team Sapporo Beer reunion. Nakagawa-san from Sapporo Beer & Nambu-san from RaNa Design. チーム・サッポロビール再集合。サッポロビールの中川さんとラナデザインの南部さん。
From right: Naoki, Dai, and Ayumi. 右から:ナオキ。ダイ。アユミ。
Best coordinators in Tokyo. Isshiki-san, and Chida-san from Pilots. 東京一のコーディネーターの皆さん。一色さんと、パイロッツの千田さん。

WKT HELLO & GOODBYE PARTY PART1

Image
2 great creative souls Sumiko & Jose leave WKT and we welcome 2 new Executive Creative Directors, Frank and Naoki. That's enough reason for us to have a big party in very WKT way.
2人の素晴らしいクリエイティブのリーダー、スミコとジョゼがWKTを離れ、新たに2人のエグゼクティブクリエイティブディレクター、フランクとナオキを迎える。となると、WKT伝統のビッグパーティを開催しないわけにはいかない。
Catering from Kurayamizaka Miyashita. 暗闇坂宮下からのケータリング。
With my eternal teacher KK. 僕の永遠の先生、KKと。
Team Google. Yuko, Asakawa-san, and Mark. チームGoogle。ユウコ、浅川さん、そしてマーク。

I'M ON MAINICHI.JP

Image
The Mainichi Newspapers' website mainichi.jp is introducing Team Nippon-Go's talk session held in Yaesu Book Center the other day. Check it out here.毎日新聞社のウェブサイト「毎日jp」が先日八重洲ブックセンターで行われた「チーム・ニッポン号」のトークライブを紹介している。こちらからどうぞ。

SAGASOU PART1

Image
"Sagasou" means "Search on." Our latest Google campaign including Google Japan's very first TV commercials. Executive Creative Director: Sumiko Sato / Creative Director & Director: Eric Cruz / Writer: Shunsuke Iwai / Producer: San Takashima / Editor: Genki Ito, Satoru Oono / Music: Eclectic / Sound Mixer: Yoshito Morita / Sound Editor: Caeser Rodriguez / Camera: Takeshi Kogahara / Production Assistant: Kana Wakabayashi / Screen Capture+Design: Hidenori "Johnny" Ikeda, Emilie Sarnel, Winnie Ng, Tracy Hung Google Japan初のテレビCMを含む、僕たちの一番新しいキャンペーン

YUKO & GHEN'S WEDDING PART5

Image
Trish with Mr. & Mrs. Yoshida.トリッシュと吉田ご夫妻。
Pressing the knife into the wedding roast beef, instead of the wedding cake. It was yummy. ウェディングケーキではなく、ウェディングローストビーフに入刀。うまかった。
Yuko's interactive friends created "Yuko Clock" that keeps ticking during the party. ユウコのインタラクティブ・フレンズが作った「ユウコ・クロック」。パーティの間じゅう、時間を表示し続ける。
And it also shows live twitter feed of "celebration twit." Twits using "Celebration hash tag" appears on the screen. そしてそこに、ツィッターから「祝賀ツィット」のライブフィードが。「お祝いハッシュタグ」を使ったツィットがスクリーンに出てくる仕組み。
Dance, then... ダンス。そして・・・
...grand finale.・・・グランドフィナーレ。

YUKO & GHEN'S WEDDING PART4

Image
They changed YCAC's gymnasium into party venue. It reminds me a prom scene of "Back to the future."YCACの体育館がパーティ会場に。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に出てきたプロムのシーンを思い出す。
My long time partner producer Mr. Sakuragi and Mrs. Sakuragi who is now joining WKT's account team as special task force for Google project.古くからのパートナーであるプロデューサーの櫻木氏と、現在GoogleのプロジェクトのためのスペシャルタスクフォースとしてWKTのアカウントチームに参加してくれている櫻木夫人。
At WKT table. From right: Sumiko, Kimi, and Kaoru. WKTのテーブルで。右から:スミコ。キミ。カオル。

YUKO & GHEN'S WEDDING PART3

Image
With Sumiko & miracle sunset.スミコと奇跡の夕焼けと。
With Kaoru. カオルと。
Tomoko & Keiko with Sumiko. スミコを挟んで、トモコ&ケイコ。
Mr. & Mrs. Yoshida. 吉田ご夫妻。
Tonight's MC, Yoshi & Kuki. 今夜のMCは、ヨシとクキ。

YUKO & GHEN'S WEDDING PART2

Image
Following the ceremony at Yamate Catholic Church, wedding party was held at Yokohama Country & Athletic Club that has a history of more than 90 years.
カトリック山手教会での式に続き、90年以上の歴史を持つ横浜カントリーアスレティッククラブでウェディングパーティ。
WKT Girls. From left: Mai, Yuka, Kumiko, Hiromi, Kanako, and Kei. WKTガールズ。左から:マイ。ユウカ。クミコ。ヒロミ。カナコ。そしてケイ。
And WKT boys. From left: Shingo a.k.a. "Marlon", Masaru, and Shuhei. WKTボーイズ。左から:シンゴ a.k.a. ”マーロン”。マサル。シュウヘイ。

YUKO & GHEN'S WEDDING PART1

Image
Love can blow rain clouds away. At Yamate Catholic Church, Yokohama.愛は雨雲も吹き飛ばす。横浜、カトリック山手教会にて。

Kanako successfully got wedding bouquet as everybody expected. 大方の予想通り、ブーケはカナコがゲット。

LUNCH AT THE BAY

Image
Quick lunch at Intercontinental Yokohama Grand.ヨコハマグランドインターコンチネンタルでクイックなランチ。

OBAMA IN TOWN

Image
Welcoming the 44th President of the United States to Tokyo.第44代アメリカ合衆国大統領が東京へ。

MAKING OF TSUBASA WO KUDASAI

Movie showing how "Team Nippon-Go" helps author Ms. Maha Harada to write her novel "Tsubasa wo kudasai~Freedom in the sky." Directed and edited by Mr. Kuwashima of Bandai Visual. 小説「翼をください~Freedom in the sky」を執筆する作家・原田マハさんをサポートする「チーム・ニッポン号」のクルー。その様子を映像化した動画。演出&編集はバンダイビジュアルの桑島さん

MIDNIGHT VISITOR

Image
A midnight visitor to Sumiko's Fiat.スミコのフィアットに、深夜の訪問客。

ASET 2009 PART2

Image
At the booth on The Mainichi Newspapers, they are selling unusual product for aerospace convention. Autographed versions of Ms. Maha Harada's novel "Tsubasa wo kudasai~Freedom in the sky."
毎日新聞社のブースでは、航空宇宙のコンベンションとしては異色のプロダクトを販売中。原田マハさんの小説「翼をください~Freedom in the sky」。サイン入り。
And this is the hero of her story and a grandpa of the MRJ, "Nippon-Go." で、こちらがその物語の主人公。MRJのおじいさん、「ニッポン号」
Grandson of "Nippon-Go", the MRJ in ANA livery. ANA ordered 25 of them and became a launch customer. こちらが「ニッポン号」の孫、ANAカラーのMRJ。ANAは25機をオーダーし、ローンチカスタマーになった。
And here's a version with demo livery of Mitsubishi Aircraft Corporation. こっちは、三菱航空機のデモカラーバージョン。

ASET 2009 PART1

Image
"Team Nippon-Go" visited ASET (Aerospace Industry Exhibition Tokyo ) 2009 at Tokyo Big Sight to check out talk session by President of Mitsubishi Aircraft Corporation Mr. Egawa, CEO of All Nippon Airways Mr.Ito, and President of The Mainichi Newspapers Mr. Asahina titled "Wing of Japan to the world and for the future: From Nippon-Go to MRJ." The event was quite successful and a lot of audiences took standing room. In this session, Mr. Asahina introduced Ms. Maha Harada's novel "Tsubasa wo kudasai~Freedom in the sky" which features the Japanese-built plane in prewar era "Nippon-Go."
「チーム・ニッポン号」は、三菱航空機の江川社長、ANAの伊東社長、毎日新聞社の朝比奈社長の3人による「日本の翼、世界へ、未来へ-ニッポン号からMRJへ」と題されたトークショーを見るために、東京ビッグサイトで開かれている東京国際航空宇宙産業展2009を訪問。トークショーは大盛り上がりで、立ち見も出るほど。話の中で朝比奈社長は、戦前の国産航空機「ニッポン号」を主役にした原田マハさんの小説「翼をください~Freedom in the sky」を紹介してくれた。
Obviously the MRJ is a hero here. ここでは明らかにMRJがヒーロー。
In the venue The Mainichi Newspaper opened special booth to introduce "Nippon-Go.&…

O-SAN TALK SESSION AT W+K TO GO

Image
Film & CM Director Ms. Mipo O, we have worked with for Kumon & Google projects, had a talk session at W+K TO GO, a pop-up office run by under 30 WKT employees. She introduced her works and ideas behind them in front of enthusiastic audiences. Moderator was Takeshi from WKT broadcast.
30歳以下のWKT社員が運営するポップアップオフィス「W+K TO GO」で、僕たちKUMONやGoogleのプロジェクトで一緒に仕事をした映画監督&CMディレクターの呉美保さんがトークセッションを行った。呉さんは熱心なオーディエンスの前で自分の仕事やその背景にあるアイディアを紹介。モデレーターはWKTのブロードキャスト担当、タケシ。