TOKOROZAWA AVIATION MUSEUM PART3

Kaishiki-1. Japan's very first military plane made in 1911. It was built in Tokorozawa, made its first flight in Tokorozawa, and now its replica is displayed in Tokorozawa.
1911年に作られた日本で最初の軍用機、会式一号。所沢で製作され、所沢で初飛行し、今ではそのレプリカがここ所沢に展示されてている。

Kawasaki KAL-2 & Beechcraft T-34 Mentor
川崎KAL-2 & ビーチクラフトT-34メンター。

They have "Nippon-Go", too.

Japan's prewar airliners including ones used at Manchukuo National Airways, a flag carrier of Manchuria. Capt. Nakao who flew Nippon-Go had been a pilot for this airline at one time in his life and that story is introduced in Ms. Maha Harada's novel "Tsubasa wo kudasai~Freedom in the sky" which features Nippon-Go's round-the-world flight.
満州国のナショナルフラッグキャリアだった満州航空のものを含む、戦前の日本の旅客機たち。「ニッポン号」のキャプテン、中尾機長は、一時期満州航空のパイロットだった。その話は「ニッポン号」の世界一周飛行をフィーチャーした原田マハさんの小説「翼をください~Freedom in the sky」でも紹介されている。

Museum curator Mr. Kondo and "Team Nippon-Go." From left: Kuwashima-san & Matsushita-san from Bandai Visual, Kondo-san, Harada-san, Yabe-san, and Yanagi-san.
記念館の学芸員である近藤さんと「チーム・ニッポン号」のクルーたち。左から:バンダイビジュアルの桑島さんと松下さん。近藤さん。原田さん。矢部さん。そして柳さん。

Comments