CITY OF SCHIPHOL

Behind the giant potato, chopped nose section of KLM 737 is sitting.
大きなポテトの後ろに、KLMの737の切り落とされた頭が置いてある。

...wait, this is not 737. Check out the cockpit window. It's Douglas.
と、思ったら、これは737じゃない。コクピットウィンドウを見れば、そう、これはダグラス。

"World of wings", my favorite aviation hobby shop at Schiphol Plaza, has closed a few years ago and they opened new shop called "Planes@Plaza." And they display this DC9 named "City of Schiphol." She used to fly with Delta, Ozark, and TWA, and now is the first and only DC9 that has the latest KLM livery.
好きだったスキポールプラザの航空ホビーショップ「ワールド・オブ・ウイングス」が数年前に閉店。代わりに「プレーン@プラザ」という新しい店がオープンし、「シティ・オブ・スキポール」と名づけられたこのDC9を飾っている。かつてデルタ、オザーク、TWAで飛んだ機体で、最新のKLMのカラースキームを持つ唯一のDC9。

They also have an engine. But it doesn't look like the one for the DC9.
エンジンもある。でもDC9のものには見えない。

Comments