KMJ

Kumamoto Airport. One of only 5 airports in Japan with Category III-b runway that enables auto-landing. That makes this airport one of the most technologically-advanced airports in this country.
熊本空港。日本で5つしかないカテゴリーIII-bの滑走路を持ち、自動着陸ができる空港。つまり、この国で最も技術的に進んだ空港の一つ。


A 737-400 of Skynet Asia Airways, now rebranded as Solaseed Air.
現在はソラシドエアにリブランドされた、スカイネットアジア航空の737-400。

A 737-800 of Skymark Airlines, a future owner of 6 (or 15) Airbus 380s.
近い将来6機(もしくは15機)のエアバスA380のオーナーになる、スカイマークの737-800。

Behind Air Nippon's 737-800, a sole plane of Amakusa Airlines DHC-8-Q100 touches down on RWY 7.
エアーニッポンの737-800の後ろで、天草エアラインの唯一の機材、DHC-8-Q100がランウェイ7にタッチダウン。

Then she taxis down to the gate. Her model plane is sitting inside an antique shelf at the entrance of my living room.
そしてゲートに向かってタキシー。我が家のリビングルームの入り口にあるアンティークの棚には、この機のモデルプレーンが置いてある。

Comments