THE FUTURE OF ISHINOMAKI IN TOKYO


Key people of Ishinomaki 2.0, collective activity of multiple creative projects to create the future of tsunami-affected Ishinomaki City, had a talk session at 3331 Arts Chiyoda in Tokyo. They also had an exhibition at this art center based in a renovated ex-junior high school building.
津波の被害を受けた石巻の未来を作るために活動する様々なクリエイティブプロジェクトの集合体、石巻2.0のキーメンバーが東京の3331 Arts Chiyodaでトークセッションと展示を行った。このアートセンターは元中学校の校舎を使っている。

The first session by Ishinomaki Laboratory who is now successfully building a new local industry. From left: Architect and Head of Ishinomaki Laboratory Ashizawa-san, President of Herman Miller Japan Matsuzaki-san who has been supporting the project from day one with his global company-wide team, Factory Manager of Laboratory and sushi chef Chiba-san, and Representative Director of Ishinomaki 2.0 Matsumura-san.
最初のセッションは、新しい地場産業を生み出すことに成功している石巻工房によるもの。左から:建築家で石巻工房代表の芦沢さん。グローバルな全社的チームでプロジェクトをはじめからサポートし続けているハーマンミラージャパンの社長、松崎さん。工房長で寿司職人の千葉さん。そして、石巻2.0の代表理事である松村さん。

Then Akio, and young architect Koizumi-san who plays a role as a dynamo of the project, joined.
さらに、アキオ、そしてプロジェクトのダイナモの役割を担っている若き建築家の小泉さんも参加。

Team meeting after the event. I am supporting the project with a small contribution in areas like concepting, writing, and naming.
イベントの後のチームミーティング。僕もコンセプティング、ライティング、ネーミングといった領域で微力ながらサポートさせていただいている。

Comments