MY PILGRIMAGE: EVERETT


Starting my pilgrimage from The Boeing Everett Factory, located 25 miles north of Seattle. This is the birthplace of Boeing's wide-body jets such as 747s, 767s, 777s, and 787s.
シアトルから北へ40キロ。ボーイングのエバレット工場から聖地巡礼を始める。ここは747、767、777、787といったボーイングのワイドボディジェットが生まれる場所。

I joined a factory tour which shows inside of the world's largest building by volume, but no photograph is allowed inside the factory. This head of the 777 could be shot from the parking lot.
エバレット工場は、容積としては世界最大の建築物として知られている。中を見せてくれるファクトリーツアーに参加したが、撮影は厳禁。この777の頭は駐車場から撮ったもの。

The Dreamlifter whose proper name is the Boeing 747 Large Cargo Freighter is resting at Paine Field Airport adjacent to the factory. This fatty, operated by Atlas Air, is used exclusively for transporting parts of 787 jets to the Boeing plant from suppliers around the world and often visits Chubu Centrair International.
工場に隣接するペインフィールド空港で駐機中のドリームリフター、正式名ボーイング747ラージカーゴフレイター。アトラスエアが運航するこの太っちょは、世界各地のサプライヤーからボーイングの工場へ787の部品を運ぶためだけに使われていて、中部国際空港にもたびたび訪れる。

I found something special in the corner of Paine Field. N7001U. The first 727 ever built. The shorter 727 is my most favorite Boeing and I flew with it only once on a flight of defunct Lloyd Aéreo Boliviano from La Paz, Bolivia to Cusco, Peru.
ペインフィールドの片隅で特別な1機を発見。N7001Uというレジを持つ727の1号機。短い方の727は僕が一番好きなボーイングだが、実際に乗ったのは一度だけ。今はなきロイドアエロボリビアーノのボリビア・ラパス発、ペルー・クスコ行きだった。

Comments