SAMURAI KABUTO



I visited the exhibition "Samurai Kabuto (Samurai's Helmet)" by ceramic artist Misato Fukuoka held at a shop called "Roku" in The Ritz-Carlton, Tokyo.
ザ・リッツ・カールトン東京にあるショップ「祿」で開かれた、陶芸作家、福岡美里さんの「SAMURAI KABUTO展」へおじゃました。

Her creations are based on the context and the shape of Japanese tradition, but they are always out of the box. A unique balance between tradition and innovation in them must be the reflection of how the artist thinks and acts, and it must be the reason why her art attracts people from around the world. Among 7 beautiful colors, "kurenai" (Japanese crimson) version came to my home.
福岡さんの作品は日本の伝統の中にある文脈やかたちをベースにしているが、決して型にはまることがない。伝統と革新の独特なバランスは、きっと作家自身の考え方や行動の仕方を反映したものなのだろう。様々な国の人々がその作品に惹き付けられる理由もそこにあるのだと思う。7つの美しい色のうち、我が家にやってきたのは「紅 (Kurenai)」。

With Fukuoka-san and her daughter Mariko-san.
福岡さん、そして、ご令嬢の万里子さんと。

Comments