LUNCH WITH CHRIS

Lunch with Chris, an Oregon-based globe-trotting planner/researcher, a guru of brands and communications, and a great thinker, at the terrace of Grand Hyatt Tokyo in Roppongi Hills. I first met him more than 10 years ago when he was working on the branding of Roppongi Hills, which was still under construction then, as a leader of worldwide strategic planning function of Wieden+Kennedy. I was lucky enough to be a part of the team as a writer. From that project, the original concepts of Roppongi Hills such as "open mind" and "The city where new ideas are born" were created. It's really great to see him in the middle of Roppongi Hills which celebrates its 10th anniversary this year. I think this reunion itself is an great example of how "the open-minded city where new ideas are born" can keep connecting people across borders.
オレゴンをベースにして世界中を飛び回るプランナー&リサーチャーで、ブランドとコミュニケーションの導師で、素晴らしい思索家であるクリスと、六本木ヒルズにあるグランドハイアット東京のテラスでランチ。彼に最初に会ったのは10年以上前のこと。その頃ワイデン+ケネディのワールドワイド・ストラテジックプランニング部門のリーダーだったクリスは、当時まだ建設中だった六本木ヒルズのブランディングを担当していて、僕は幸運にもコピーライターとしてチームに入れてもらっていた。そしてそのプロジェクトから、「オープンマインド」や「アイデアが生まれる都市」といった六本木ヒルズのオリジナルコンセプトが誕生した。今年ちょうど10周年を迎える六本木ヒルズの真ん中で彼と会えるのは実に嬉しい。この再会自体、「アイデアが生まれる、オープンマインドな都市」が、いかに国境を超えて人を結びつけ続けるかを示す良い一例だと言えるかもしれない。

Comments