PROS AND CONS

Flying back to Haneda on ANA's 777-200. This is my first time experiencing their 2nd generation domestic Premium Class seat for 777s. If you count from the seats for "Super Seat Premium", the former brand name for ANA's domestic upper class, this is the 3rd gen. It's a fairly good upgrade, but I found these new seats have pros and cons.
羽田に戻るANAの777-200で、777用の第2世代国内線プレミアムクラスシートを初体験。ANAの国内線アッパークラスの以前のブランド「スーパーシートプレミアム」で使われていたシートから数えると3世代目。なかなかのアップグレードだが、良い面と良くない面の両方がある。

Pros: A bit more privacy with a new partition.
良い面:少しだけプライバシーを保てる、新しいパーティション。

An extremely big blue table. This is great.
大き過ぎるほど大きな、青いテーブル。これは素晴らしい。

And a screen got larger.
スクリーンのサイズもアップ。

Cons: Under-seat luggage storage was gone. Now you have to unfasten a seat belt and stand up every time you need your carry-on bag. I think this is a very bad idea for ANA's domestic network which has a lot of short commuter routes with 1-1.5h flight time. Maybe their "Inspiration of Japan" couldn't work at the foot. ANA B777-200 KMQ-HND. The 575th flight in my lifetime.
良くない面:シートの下の荷物スペースがなくなった。これからは機内に持ち込んだバッグが必要になったら、その都度シートベルトを外して立ち上がらなければならない。フライトタイムが1時間から1時間半の短距離ビジネス路線を多く持つ国内線用なのに、何とも悪い判断をしたものだと思う。ANAの「日本のインスピレーション」は足元では働かなかったのかも。ANA B777-200 KMQ-HND。生涯575フライト目。

Comments