TROPICAL BIRDS AT NGURAH RAI PART1

Bird-watching at the Garuda lounge in newly-renovated Denpasar Ngurah Rai Airport. A lot of exotic birds come and go. This is a 737-900ER of Malindo Air, Malaysian LCC, who is less than one year old. She is the 7500th 737 and a sticker to prove it is visible under her cockpit windows.
改修されたばかりのデンパサールのングラ・ライ国際空港にあるガルーダのラウンジでバードウォッチング。エキゾチックな鳥たちがひっきりなしに飛来し、そしてまた飛び去って行く。これはマレーシアのLCC、マリンドエアの機齢が1年にも満たない737-900ER。この機は7500機目の737で、それを示すステッカーがコクピットウィンドウの下に見える。

Representing Indonesian LCC, Lion Air's 737-800.
インドネシアのLCCの代表、ライオンエアの737-800。

An A320 of Garuda's LCC, Citilink.
ガルーダのLCC、シティリンクのA320。

An ATR72-500 of Lion Air's commuter airline Wings Abadi Airlines. I like its big model name marking which uses the original ATR typeface.
ライオンエアのコミューターエアラインであるウイングスアバディ航空のATR72-500。ATRのオリジナル書体を使った大きなモデル名表示がいい。

Even a new species can be found here. She is one of 3 Sukhoi Superjet 100s of Sky Aviation. This Russian new generation got a Komodo dragon marking to promote Komodo Island.
ここでは新種も見つかる。スカイアビエーションが持つ3機のスホーイ・スーパージェット100のうちの1機。このロシアの新世代機は、コモド島のプロモーションのためにコモドドラゴンのマーキングをつけている。

Comments