THE MUSEUM OF FLYING PART1

Plane geek's weekend in Santa Monica. I visit the Museum of Flying located adjacent to the Santa Monica Airport for the first time.
サンタモニカで航空オタクの週末。サンタモニカ空港に隣接する、ミュージアム・オブ・フライングを初めて訪問する。

The head of N242FE, FedEx's 727-200 with ship name Brittney, welcomes visitors.
ビジターを迎えるのは、ブリトニーというシップネームを持ったFedExの727-200、N242FEの頭。

Douglas Aircraft Company was once headquartered in Santa Monica, where they built countless numbers of DC-3s. And the history of Museum of Flying was started as the Douglas Museum and Library in the 1970s. At the garden in front of the museum, they exhibit a C-53 Skytrooper, the military variant of the DC-3, who is now named "Spirit of Santa Monica" as a monument.
ダグラス・エアクラフトはかつてサンタモニカを本拠地にして、数えきれないほどのDC-3を生産した。ここミュージアム・オブ・フライングも、1970年代に創設されたダグラスのミュージアムとライブラリーが原点になっている。ミュージアムの前のガーデンにモニュメントとして置かれたのは、DC-3の軍用モデルであるC-53スカイトルーパー。今は「スピリット・オブ・サンタモニカ」という名がつけられている。

North American F-86 Sabre in Air National Guard color.
空軍州兵カラーをまとった、ノースアメリカンF-86セイバー。

Douglas A-4 Skyhawk who appeared in various Hollywood movies such as "The Right Stuff", "Top Gun", and "The Final Countdown". This A-4 has Navy's Blue Angels color.
「ライトスタッフ」「トップガン」「ファイナルカウントダウン」といった様々なハリウッド映画にも出演したダグラスA-4スカイホーク。この機体は海軍のブルーエンジェルス仕様。

Comments