ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2014: NORIMAK! PROJECTS PART2



Another NORIMAK! team led by Maho-san a.k.a. Mahoey organized a program for kids titled "Alice in Ishinomaki Land". In this program, a group of high school girls took kids to the city walking tour which has a scenario based on the story of Alice in Wonderland. First, kids entered Alice's world going through a cardboard tunnel placed at Children Center. Then they walked on streets like turning the pages of a book and arrived at Aitopia Hall where they were invited to join the tea party. I was amazed by the creativity of Ishinomaki teens which turned the whole downtown of Ishinomaki into the world of fairy tales.
真帆さんa.k.aマホーイが率いるまた別のNORIMAK!チームは、「アリス in いしのまきらんど」という子ども向けプログラムを企画した。このプログラムでは女子高校生のグループが子どもたちを街歩きツアーに連れて行くのだが、ツアーそのものが「不思議の国のアリス」をベースにした物語になっている。子どもたちはまず、子どもセンターに置かれた段ボール製のトンネルをくぐってアリスの世界に入る。そして本のページをめくるように街を歩いて行き、ゴールのアイトピアホールではティーパーティーに招かれた。街の中心部全体を童話の世界に変えてしまう、石巻の十代たちの創造力には本当に驚かされる。

Shibuya-kun a.k.a. Cabin worked on his own NORIMAK! project which supported Michinoku Nyokkiri Festa, an event organized by associations for disabled persons. The event was held under a perfect summer sky.
渋谷くんa.k.aキャビンは自らのNORIMAK!プロジェクトとして、障がい者団体が主催する「みちのくにょっきりフェスタ」をサポート。イベントは完璧な夏空の下で開かれた。

Nao and her team organized "Ishinomaki Color Fight". Players put on T-shirts and threw colored water at each other. Free yourself and be colorful. That's the message from the team.
Photo: Ishinomaki Color Fight
ナオさんチームが企画したのは「Ishinomaki Color Fight」。白いTシャツを着たプレイヤーたちが、お互いに色のついた水をかけ合う。「自分を解き放って、カラフルになろう」。それがチームからのメッセージ。

Comments