ISHINOMAKI STAND UP WEEK 2014: ISHINOMAKI IDEA TRAIN PART1

This year's Ishinomaki Stand Up Week started with the sound of a diesel engine. ISHINOMAKI 2.0, the organizer of Stand Up Week, chartered JR East's diesel railcars and ran them from Sendai to Ishinomaki as a "workshop on the rail". On this special train named "Ishinomaki Idea Train", attendees exchanged their ideas about how railway system can bring new possibilities for the future of Ishinomaki and Tohoku region. Here at Sendai Station, photographer Ooya-san is helping attendees check in.
今年の石巻Stand Up Weekはディーゼルエンジンの音と共に始まった。Stand Up Weekの主催者であるISHINOMAKI 2.0がJR東日本の気動車を貸し切り、「線路の上のワークショップ」として仙台から石巻まで運行。「石巻アイデアトレイン」と名付けられたこの特別列車の中では、鉄道が石巻や東北の未来にどんな新しい可能性をもたらせるか、参加者みんながアイデアを出し合う。こちらは、仙台駅で参加者のチェックインをサポートするフォトグラファーの大屋さん。


I joined the journey as one of speakers. Our railcars are Kiha-48s known as "Mangattan Liner". They have manga-themed livery to promote Ishinomaki, which has Manga Musuem as one of attractions, as the city of manga culture.
僕もスピーカーの一人としてこの列車に乗り込んだ。僕たちが乗るのは、マンガッタンライナーとして知られるキハ48。萬画館が見どころの一つになっている石巻をマンガ文化の街としてプロモートするため、車体にマンガが描かれている。

All aboard. JR's station staff at Sendai Station are sending us off.
発車の時間。仙台駅のJR職員の方々が見送ってくれる。

Matsumura-san who leads ISHINOMAKI 2.0 welcomes attendees.
参加者を歓迎する、ISHINOMAKI 2.0のリーダー、松村さん

Comments