LAST-MINUTE BIRD-WATCHING


My bird-watching at Sea-Tac never stops until just before taking off. This is a retrojet of United "A320 Friend Ship" wearing their livery from the 1960s-70s. I don't know why United didn't choose Boeing who is one of their historical origins.
シータックで離陸直前までバードウォッチングを続ける。こちらは1960-70年代のカラーリングをまとったUAのレトロジェット「A320フレンドシップ」。自社の歴史的原点の一つであるボーイングを選ばなかったのはなぜだろう。

A 767-300 of Tulsa-based charter operator Omni Air International. This bird used to fly for airlines such as Air New Zealand, Air Niugini, and VIVA Macau.
タルサを本拠地とするチャーターオペレーター、オムニエアインターナショナルの767-300。ニュージーランド航空、ニューギニア航空、ビバ・マカオなどで使われていた機体。

Omni's larger bird, a 777-200, sitting side by side with Sea-Tac's familiar face, Icelandair's 757-200.
大きい方のオムニ機、777-200。その横にシータックの常連、アイスランド航空の757-200。

Comments