TRITON PROJECT

A revolution is starting from the sea. Fisherman Japan, a collective of young independent fishermen in Tohoku region, and Makigumi, Ishinomaki's new creative shop, teamed up and launched Triton Project. This is the project to build bases where a new generation of fishermen lives and works together in many places across Japan starting from Ishinomaki and Sanriku areas. And these bases will be birthplaces of stylish, innovative, and prosperous fishermen who will ultimately change the landscape of the fishing industry in Japan. They are now building three Triton Bases in Onagawa, Jyusanhama, and Utatsu, as the first round of the project, and all of them are planned to be inaugurated on July 20th –Marine Day holiday. As a supporter of Makigumi, I contributed a project naming, which has the name of a globally known god of the sea, and copies. The visual identity was created by my longtime creative partner Gino Woo a.k.a.Woog. Check out the latest news from TRIRON PROJECT on their blog.
革命が、海から始まる。東北のインディペンデントな若手漁師集団「Fisherman Japan」と、石巻の新しいクリエイティブショップ「巻組」が協働してTRIRON PROJECTを立ち上げた。このプロジェクトでは、石巻や三陸エリアを手始めに、新世代のフィッシャーマンたちが共に暮らし、共に働くベースを日本全国の様々な場所に作っていく。そしてそれぞれのベースが、カッコ良くて、革新的で、稼げて、究極的には日本の水産業のあり方を変えてしまうようなフィッシャーマンを生み出す場所になることを目指していく。現在、第一弾として女川、十三浜、歌津に3軒のTRITON BASEを建設中。どれも7月20日の海の日にオープンする予定になっている。プロジェクトのネーミングとコピーは、巻組のサポーターである僕が担当させてもらった。名前に使ったTRITONとは、世界的に有名な海の神様のこと。ビジュアルアイデンティティは、僕の長年のクリエイティブパートナー、ジーノ・ウーa.k.a. Woogが作ってくれた。TRITON PROJECTの最新情報は、こちらのブログで。

Comments