TRITON ONAGAWA




I went on a tour to visit Triton Project sites with an "international delegation". The first stop was Triton Onagawa, one of the two Triton Bases opened recently. This stylish house where a new generation of fishermen lives and works together was created by renovating an unused house on the hill in Onagawa Town as a DIY project. The renovation was led by Ishinomaki's creative shop Makigumi and they worked together with volunteers. Soon this place will become the front line of innovation in Japan's fishery business.
国際的な「視察団」の方々と一緒に、TRITON PROJECTの現場を訪ねるツアーに出かけた。最初の目的地は、最近オープンした2軒のTRITON BASEの1つ、TRITON ONAGAWA。このスタイリッシュな家は、女川町の丘の上にある未使用の家屋をDIYでリノベして作られ、新世代のフィッシャーマンたちが一緒に暮らし、仕事をする場所になる。リノベーションを手がけたのは、石巻のクリエイティブショップ「巻組」で、作業にはボランティアの人たちも加わった。まもなくここは、日本の水産業に起きるイノベーションの最前線になるだろう。

Front row (left to right): Makigumi's President Kyoko-san, Suzuki-san from Tohoku University, and Makigumi's Creative Lead Hinako. Back row: Yukina-san from Fisherman Japan, Dr. Yosuke Mano of Tokyo Institute of Technology, and a team of architects from Université Libre de Bruxelles.
前列(左から):巻組社長、亨子さん。東北大学の鈴木さん。巻組のクリエイティブリード、ヒナコ。後列:Fisherman Japan幸奈さん。東京工業大学の真野先生。そして、ブリュッセル自由大学からやってきた建築家チームのみなさん。

Comments