There are more planes in the main hangar of the museum. She is a Supermarine Spitfire Mk. XIV who has the Rolls-Royce Griffon engine, not the Rolls-Royce Merlin engine, and has five propeller blades. The earlier gen Spitfire has three blades.
ミュージアムのメインハンガーにはまだまだいろいろな機がいる。こちらはスーパーマリン・スピットファイアMk. XIV。このMk. XIVはロールスロイス・マーリンエンジンではなくロールスロイス・グリフォンエンジンを搭載しており、プロペラブレードは5枚。初期型のスピットファイアのブレードは3枚。

The North American P-51 Mustang. This bird became flyable again early this year after the restoration.
ノースアメリカンP-51 マスタング。このマスタングはレストアされて、今年はじめに再び飛べるようになった。

The North American B-25 Mitchell. The B-25 was used for the first air raid to strike the Japanese Home Islands.
ノースアメリカンB-25 ミッチェル。B-25は日本本土への初めての空襲で使われた機体。

The Boeing B-17 Flying Fortress, a heavy bomber aircraft famous for its extreme durability.
ボーイングB-17 フライングフォートレス。圧倒的に頑丈なことで知られる重爆撃機。

Walking into the heat again. Here two post-WWII jets are displayed together. The Lockheed T-33 Shooting Star (left) and the North American F-86 Sabre.
再び灼熱の中へ出る。ここに展示されているのは、どちらも第二次大戦後期のジェット。ロッキードT-33 シューティングスター(左)と、ノースアメリカンF-86 セイバー。