LITTLE ISHINOMAKI: SESSIONS PART1

From a series of evening presentations at Little Ishinomaki. Ishinomaki Art Night welcomed Kazumi Ota, an artist from Ishinomaki. In this photo she is wearing her wearable art "Hoyapai".
「リトル石巻」、夜の部のプレゼンテーションシリーズから。石巻アートナイトでは、石巻在住のアーティスト、太田和美さんが登場。この写真で自身の作品であるウェアラブルなアート、「HOYAPAI」をかぶっているのが太田さん。

At ITNAV & Rhizomatiks Night, Furuyama-san explains about his company ITNAV who is teaching information technology to younger generations in Ishinomaki. ITNAV is now rapidly expanding its international reach. Saito-san from Rhizomatiks who keeps supporting post-311 Ishinomaki also joined this session.
イトナブ&ライゾマティクスナイトで、石巻の若い世代にITを教えているイトナブについて説明する代表の古山さん。ここに来てイトナブの活動は急速に国際化されている。このセッションには、311後の石巻へのサポートを続けるライゾマティックスの斉藤さんも参加した。

Architect Ashizawa-san, the founder and president of Ishinomaki Laboratory, explains their history, success, and next vision at Ishinomaki Laboratory Night.
石巻工房ナイト石巻工房のファウンダーであり代表である建築家の芦沢さんが、工房の歴史と成功、次のビジョンについて語る。

This is from Creative City Night. Matsuzaki-san (left), President of Herman Miller Japan, Dr. Mano of Tokyo Institute of Technology (center), and I joined the session and introduced a variety of projects in Ishinomaki from the standpoint of business, academism, and creativity.
クリエイティブシティナイトでは、ハーマンミラージャパン社長の松崎さん(左)、東京工業大学の真野先生(中央)、そして僕がセッションに参加。ビジネス、アカデミズム、クリエイティビティといった視点から、石巻の様々なプロジェクトを紹介した。

And we had a music program titled "Gakudan Hitori is coming to Tokyo" on Sunday afternoon. Gakudan Hitori, a rapper from Ishinomaki and the manager of Kotobuki Dance Hall brought the vibes of Ishinomaki streets to Marunouchi.
こちらは日曜午後のミュージックプログラム、「楽団ひとり東京に現る」。石巻のラッパーで寿DANCE HALLの支配人、楽団ひとり氏が石巻のストリートのバイブスを丸の内に持ち込んだ。

Comments