Posts

Showing posts from February, 2016

A BUS TRIP TO ECHMIADZIN

Image
Taking a day trip to Echmiadzin. After breakfast in Yerevan downtown, I went to a bus terminal which looked like a church to catch a suburban bus. The bus ran on the highway at the same speed as horse-drawn carriages.
エチミアジンまで日帰りの旅。エレバンのダウンタウンで朝食をとった後、教会のようにも見えるバスターミナルから郊外行きバスに乗る。バスはハイウェイを馬車のようなスピードで走り出した。

CITYSCAPES OF YEREVAN PART3

Image
Yerevan is a great food city with a lot of wonderful Armenian restaurants. It also has a great selection of cozy cafes and many of them offer free wi-fi. People are kind and it's a safe city to walk around. They even have an authentic Thai massage place. And the best part of this city is you rarely see other tourists in the streets. エレバンは魅力的なアルメニア料理の店がそろったハイレベルなフードシティ。居心地の良いカフェもたっぷりそろっていて、その多くで無料wi-fiが使える。人々は親切で、街は安全。本格的なタイマッサージ屋だってある。そして何よりも、ほかの観光客をほとんど見かけないのがいい。

YEREVAN RAILWAY STATION

Image
They say the Armenia train system is not working well, but the building of Yerevan Central Station is fabulous. It was constructed in the Khrushchev era and has a pure Soviet style with a communist star shining high up in the air. This neoclassical building reminds me of the Shanghai Exhibition Centre which was built in the same period. The minimalistic platform is also a killer for a person like me who has a fetish for socialist architecture.
アルメニアの鉄道はあまり機能していないようだが、エレバン中央駅の駅舎は素晴らしい。共産主義の星を空高く掲げた純ソビエト様式で、フルシチョフ時代に建てられたもの。このネオクラシカルな建物は、同時代に作られた上海展覧センターにも似ている。僕のような社会主義建築フェチにとっては、ミニマリスティックなプラットフォームもたまらない。

YEREVAN CASCADE

Image
Yerevan Cascade is a giant stairway and one of the most magnificent pieces of Soviet architecture in Yerevan. Its exterior is like a combination of an ancient temple and a work of trick art.
巨大な階段であるエレバンカスケードは、エレバンで最も壮麗なソビエト建築の一つ。古代の神殿とトリックアートの絵画を融合させたような外観を持っている。


Underneath the steps, there is the Cafesjian Museum of Art. You can also enjoy an escalator journey that feels like it's going on forever.
階段の下にはカフェスジアン美術館が入っている。永遠に続くようなエスカレーターの旅も楽しめる。

A view from the top of the stairs. Yerevan's urban axis is clearly visible.
階段の頂上からの眺め。ここからだとエレバンの都市軸がよくわかる。

YEREVAN METRO

Image
Yerevan has only one subway line. However, this Soviet style metro is quite helpful for visitors in a city where a city bus system is too tricky to use. And there are more reasons to prefer the metro: its avantgarde station architecture, socialistic platform decors, and superfast escalators that are fun to ride. エレバンには地下鉄が一路線しかない。でも路線バスがかなり使いづらいため、ビジターにとってはこのソビエト式メトロが強い味方になる。アバンギャルドな駅の建築、社会主義っぽいホームの装飾、そして乗るのが楽しい超高速エスカレーターも、地下鉄で移動したくなる理由。

CITYSCAPES OF YEREVAN PART2

Image
Vacant spaces. Armenian typography. And details of ordinary buildings. Everything is so captivating.
誰もいない空間。アルメニア文字のタイポグラフィ。そして、ごく普通の建物のディテール。すべてが目を奪う。

CITYSCAPES OF YEREVAN PART1

Image
Socialist architecture spotting. Indulged myself in the joy of symmetry.
シンメトリーの快楽に溺れる、社会主義建築探検。

ARMENIA MARRIOTT HOTEL YEREVAN

Image
One of the buildings which constitute the Republic Square, the former Lenin Square, is the hotel I chose this time. Inside a typical soviet-era building made of Armenian rose limestone they created spacious modern rooms. And its super central location makes it an ideal base for exploring the city.
元々はレーニン広場だった共和国広場を構成する建物の一つが、今回選んだホテル。アルメニア産のローズ色の石灰石で作られた典型的なソビエト建築の中に、広々としたモダンな部屋が用意されている。エレバンのど真ん中にあるので街歩きに理想的。

THE 62ND COUNTRY

Image
The Republic of Armenia is my 62nd country visited (if I count pre-reversion Hong Kong and Macau in). They issue a visa at the airport and you can get it upon arrival quickly and easily.
アルメニア共和国は僕にとって62番目の訪問国(返還前の香港とマカオを含めると)。ビサは入国時に空港ですばやく簡単に発行される。

POST-MIDNIGHT FLIGHT TO YEREVAN

Image
After midnight, I boarded a Aeroflot Airbus bound for Yerevan, Armenia.
真夜中過ぎ、アエロフロートのエアバスでアルメニアのエレバンへ向かう。

Tablet devices were handed to Business class passengers as substitute for a built-in IFE system.
ビジネスクラスの乗客には、ビルトインIFEシステムの代わりにタブレットデバイスが配られた。

I love this Aeroflot chocolate. Can we have other versions with Russian jets such as Il-62 and Tu-154?
このアエロフロートチョコはいい感じ。Il-62やTu-154といったロシア製ジェットを描いたバージョンも欲しいところ。

Arrived at Zvartnots International Airport around 430AM. I need to check into the hotel right away. Aeroflot Russian A320 SVO-EVN. The 650th flight in my lifetime.
午前4時半頃、ズヴァルトノッツ国際空港に到着。すぐにホテルにチェックインしなくては。アエロフロートロシア A320 SVO-EVN。生涯650フライト目。

6 HOURS AT SHEREMETYEVO

Image
Arrived at Sheremetyevo. 6 hours transit here.
シェレメチボに到着。ここで6時間のトランジット。

I haven't been here in 14 years. They added new terminals since then, but the overall atmosphere has not changed. Ex-Sheremetyevo 2, which used to be the main international terminal, has survived as Terminal F.
前回この空港に来たのは14年前のこと。そのあとに新しいターミナルが加えられたが、全体的な雰囲気は変わっていない。かつて国際線のメインターミナルだった旧シェレメチボ2は、ターミナルFとして残っている。

NO SEATMATE TO MOSCOW

Image
Flying to Sheremetyevo on an airline whose logo still has the hammer and sickle.
鎌と槌がいまだにそのロゴに残るエアラインで、シェレメチボへ飛ぶ。
Frozen Siberia. Always fascinating.
凍ったシベリア。いつも目を奪われる。

This cabin is called "Business Class President". It doesn't have solo seats, but pair of seats without a seatmate is definitely better than a solo seat. Aeroflot Russian A330-300 NRT-SVO. The 649th flight in my lifetime.
このキャビンは「ビジネスクラスプレジデント」と呼ばれる。ソロシートはないが、隣に誰も座っていないペアシートは、間違いなくソロシートより上。アエロフロートロシア A330-300 NRT-SVO。生涯649フライト目。