LECTURE AT RECKHAM AMPHITHEATER PART2






Matsuzaki-san and I delivered the second round of our lecture at the University of Michigan in the magnificent Rackham Amphitheatre on the campus. Once again we talked about Ishinomaki's community revitalization, and this time we were honored to join Associate Professor Nick Tobier at the Penny W. Stamps School of Art & Design, UM's art and design school. One of Professor Tobier's recent projects is the Brightmoor Maker Space which is transforming a building on the campus of the Detroit Community Schools, a K-12 charter school in Detroit, into a place for youth to build their creative making skills and incubate business ideas. Their concept of creating a craft studio for the community has a similarity to the idea of Ishinomaki Laboratory. The lecture, which took place as a part of Penny Stamps Distinguished Speaker Series with support from University of Michigan Center for Japanese Studies, is available on YouTube along with our lecture at CJS.
Photos from the session: University of Michigan Center for Japanese Studies
松崎さんと一緒にミシガン大学での講演の第2ラウンドを行う。会場はキャンパスにある美しいラッカムアンフィシアター。今回もまた石巻のコミュニティ活性化について話をしたのだが、光栄なことにこのセッションには、ミシガン大学のアート&デザインスクールであるペニー・W・スタンプス・スクール・オブ・アート&デザインニック・トビエ准教授も参加してくださった。トビエ氏の最近のプロジェクトに、デトロイトのK-12チャータースクールであるデトロイトコミュニティスクールズの建物の一つを、若者たちがクリエイティブなものづくりのスキルと起業マインドを養える場所に変えていく「ブライトムア・メーカー・スペース」がある。コミュニティのためのクラフトスタジオを作るというこのプロジェクトのコンセプトは、石巻工房のアイデアにも似ていると感じた。ペニー・スタンプス・ディスティングイッシュトスピーカーシリーズの一つとして、ミシガン大学日本研究センターのサポートを得て行われたこのセッションの様子は、日本研究センターでの講演同様、YouTubeで公開中

Comments