Posts

Showing posts from 2017

YANGON CIRCULAR RAILWAY: DIESEL HEAVEN

Image
The train stops for a while at Yangon Central Station. So it's time for a little photo shoot. Nobody cares even though I'm stepping onto the live rail track.
列車はヤンゴン中央駅でしばし停車する。そこで、フォトタイム。運用中の線路の中に立ち入っても誰も気にしない。


Another diesel train transferred from JR Central, ex-KiHa 11, is on the same platform.
同じプラットホームにいるのは、また別の元JR東海の気動車、旧キハ11。

Myanmar Rail's steam locomotive No. 144. It is said that this was built by British locomotive manufacturer Beyer, Peacock and Company in 1916.
ミャンマー国鉄の蒸気機関車144号。英国の機関車製造会社、ベイヤー・ピーコックによって1916年に作られたものだという。

Resuming the journey. The driver kindly let me stand inside the cockpit noticing me taking a lot of pictures. A view through the opened gangway door is great. Now the ex-KiHa 40 with JR East Tohoku Regional Headquarters livery, which I witnessed at the Central Station the other day, is coming towards us.
運転再開。僕が大量に写真を撮っているのを見て、運転手氏が親切にも運転台に入れてくれた。開け放たれた貫通扉から眺める景色は素晴らしい。前方からやってきたのは、先日中央駅で見かけた、JR東日本東北地域本社色の旧キハ40

YANGON CIRCULAR RAILWAY: SHAN ROAD

Image
Today is a train day. I take a short rail trip riding the Yangon Circular Line train. I start my journey at rustic Shan Road Station near Belmond Governor's Residence I am staying at.
今日は「鉄」の日。ヤンゴン環状線の列車に乗って、短い旅に出る。スタート地点は、泊まっているベルモンドガバナーズレジデンスの近くにある、素朴なシャンロード駅。

Here it comes. It's the ex-JR (Japan Railways) KiHa 40 series diesel train. The ex-KiHa 40 I saw at Yangon Central Station wore the JR East livery for Tohoku Regional Headquarters and this one has JR Central color. Its rollsign says out of service, but obviously it's not.
やってきた列車は、旧JRの気動車、キハ40。ヤンゴン中央駅ではJR東日本の東北地域本社色の旧キハ40を見かけたが、こちらはJR東海バージョン。方向幕は「回送」になっている。でも、もちろん回送ではない。



The train car still has original equipments and signs used at JR. The fare indicator tells this particular car was operated on the Takayama Main Line and Taita Line.
車内にはJR時代の装備や表示が残ったまま。運賃表示器を見ると、この車両は高山本線と太多線で使われていたらしい。

BELMOND GOVERNOR'S RESIDENCE: NATURE

Image
The most unique feature of this urban hotel is the vitality of nature.
ここは都市型ホテルだが、その最大の特徴は自然の生命力。

BELMOND GOVERNOR'S RESIDENCE: THE EVENING

Image
After a day of city exploration, I came back to the sanctuary. Some geckos welcomed me home at the entrance.
一日中街を歩き回り、このサンクチュアリに帰ってくると、玄関でヤモリたちが迎えてくれる。

Tonight's after-dinner coffee. At the hotel bar.
今宵のアフターディナーコーヒーは、ホテルのバーで。

BELMOND GOVERNOR'S RESIDENCE: THE MAIN BUILDING

Image
The more than 90-year-old main building that has large openings and high ceilings is organically connected with the external environment.
90年以上の歴史があるメインビルディングは大きな開口部と高い天井を持ち、外の環境と自然な感じでつながっている。

So it's a pleasant place for breakfast....
だから、朝食のテーブルも・・・

...and an afternoon tea break.
午後のティータイムも、とても心地良い。

BELMOND GOVERNOR'S RESIDENCE: AT THE POOL

Image
Spent almost a whole afternoon at the pool. The pool had a large deep end. And that made me feel like I was swimming in a natural pond.
午後をずっとプールで過ごす。このプールは深い部分が多く、どこかの池の中で泳いでいるような気分になる。

Suddenly I was visited by a pair of beautiful peafowls.
突然、美しい孔雀のペアが現れた。

BELMOND GOVERNOR'S RESIDENCE: CHECK-IN

Image
This is my second home in Yangon following the Strand. It looks like a resort in the jungle, but this hotel run by Belmond, formerly known as Orient-Express Hotels, is located in city center. As its name implies, the two-story teak mansion built in 1920—the current main building with restaurants, shops, and a bar—served as the official home of the governors of the British Crown Colony of Burma. They say the structure of the main building is exactly the same as the original.
ストランドに続き、ここが僕のヤンゴンでの2軒目の家。かつてオリエントエクスプレスホテルズと呼ばれていたベルモンドが運営しているこのホテルは、まるでジャングルの中に建てられてリゾートのよう。でも、実際は街の中心部にある。現在はレストラン、ショップ、バーを持つメインビルディングになっている2階建てのチークの邸宅は1920年に作らたもので、その名が示す通り、英領ビルマ総督の公邸として使われていた。この建物のストラクチャーは完全にオリジナルのままだという。

A view from my window. I want to swim right now.
部屋からのビュー。今すぐ泳ぎたい。

CHICKEN CUTLET FOR BREAKFAST

Image
Flying back to Yangon on the same 738 as the one I flew on from Yangon. Several Buddhist monks got on board together and that made me feel this flight was safer.
往きにヤンゴンから乗ってきた便で使われていたものと同じ738でヤンゴンに戻る。お坊さんが何人か一緒に乗り込んできたので、いつも以上に安全に飛べる感じがした。

An exotic tropical bird is on the tarmac. She is the ATR 72-600 operated by Mandalay-based Mann Yadanarpon Airlines.
ターマックにはエキゾチックな熱帯の鳥がいる。これは、マンダレーベースのマン・ヤダナルポン・エアラインズが運航しているATR 72-600。

Again, they served a hot meal during a 55-minute flight. This time it was a crispy chicken cutlet with sticky rice. And it was my breakfast.
再び55分のフライト中にホットミールが出る。今回はもち米が添えられたサクサクのチキンカツ。これが今日の朝食。

Arrived at Yangon International. I enjoyed another smooth and comfy ride. Myanmar National B737-800 MDL-RGN. The 688th flight in my lifetime. ヤンゴン国際空港に到着。往路同様、スムーズで快適なフライトだった。ミャンマー・ナショナル B737-800 MDL-RGN。生涯688フライト目。

A CULINARY EXPLORATION OF MANDALAY

Image
Myanmar is located at the crossroads between China, India, and Thailand. And Mandalay is at the center of the country. So it's no surprise at all that the city has a great food culture. I found an untouched paradise of Asian food.
ミャンマーは中国、インド、タイに囲まれている。そしてマンダレーは、そんなミャンマーの真ん中にある。だから素晴らしい食文化があるに決まっている。まだ手付かずの状態で残されているアジア飯の楽園を見つけた。

THE GOLDEN SUNSET

Image
Again, I took an escalator in bare feet to watch the sunset at the top of Mandalay Hill.
再び裸足でエスカレーターに乗り、マンダレーヒルの頂上へ夕陽を見に行く。




Waiting for the sun to set hearing the voice of a monk chanting was some kind of meditation.
お坊さんのお経を聞きながら日没を待つのは、瞑想のような体験だった。