Posts

Showing posts from August, 2017

COLONIAL YANGON PART1

Image
Strolling around downtown Yangon reminiscing the British Burma era. Back then, the rulers called this city Rangoon, and the name still remains as IATA's airport code RGN for Yangon International. Many of the colonial buildings are now in a bad state, but ones like Accountant General’s Office (top) and Central Post Office (bottom) still look absolutely beautiful. I wish new Myanmar government would take an action to preserve these jewels.
英国統治下のビルマの残り香を楽しみながら、ヤンゴンのダウンタウンを歩く。当時、支配者たちはこの街をラングーンと呼んだが、その名前はヤンゴン国際空港のIATAコードRGNに残されている。植民地時代の建築はその多くが老朽化してしまっているものの、会計主任オフィス(一番上)や中央郵便局(一番下)といった建築は今でも実に美しい。新しいミャンマー政府が、これらの貴重な建築をきっちり保存する方向で動いてくれるといいのだが。

THE STRAND YANGON PART2

Image
This hotel has real butlers rather than butler-esque staff you'll see at some major chain-brand hotels.
このホテルには、一部の大手チェーンブランドホテルで見かけるバトラーもどきのスタッフではなく、本当のバトラーがいる。

Breakfast table. Of course, with a glass of watermelon juice.
朝食のテーブル。もちろん、ウォーターメロンジュースと。


After dinner. Southeast Asian style iced coffee at the hotel bar.
ディナーのあとは、ホテルのバーで東南アジア式アイスコーヒー。

THE STRAND YANGON PART1

Image
The Strand opened in 1901. During World War II, following Japanese occupation of Burma, the Imperial Hotel Tokyo took over the management. In the late 80s, Adrian Zecha, the legendary hotelier who founded Aman Resorts, invested in this hotel and embarked on its first restoration. The recent renovation gave the Strand a chic boutique-hotel feel keeping its colonial atmosphere which is represented by wonderfully high ceilings. The entire property is filled with tranquility because it has only 30 rooms or so. I have been wanting to stay here for years and now I am finally checking in.
ストランドのオープンは1901年。第二次大戦中の日本によるビルマ占領期には、東京の帝国ホテルが運営していたという。80年代の後半には、アマンリゾーツの創業者である伝説的ホテリエ、エイドリアン・ゼッカ氏がこのホテルに投資し、最初の修復を行った。最近のリノベでは、素晴らしく高い天井をはじめとするもともとのコロニアル調を保ちながら、洒落たブティックホテルの雰囲気が加えらている。部屋数は30程度。だからホテル全体がとても静かでいい。ずっと泊まりたいと思っていたが、ついにチェックインできた。

FLYING TO MYANMAR

Image
Flying to Yangon on TG's A330-300. The ship name is Phayao.
TGのA330-330でヤンゴンへ飛ぶ。シップネームは「パヤオ」。

Climbing over the Chao Phraya.
チャオプラヤー上空をクライム。

Thai fried rice dinner. Yum.
ディナーはタイチャーハン。美味い。

Evening arrival in Yangon. Myanmar is my 66th country visited including pre-reversion Hong Kong and Macau. THAI A330-300 BKK-RGN. The 686th flight in my lifetime.
夕刻。ヤンゴンに到着。返還前の香港とマカオを入れると、ミャンマーは僕にとって66か国目の訪問国。タイ国際 A330-300 BKK-RGN。生涯686フライト目。

THAI ROYAL FIRST LOUNGE

Image
Killing time before my next flight to Yangon at Thai's Royal First Lounge in Suvarnabhumi terminal. This lounge is spacious, quiet, and cozy.
次のヤンゴンへのフライトまで、スワンナプームのターミナルにあるタイ国際航空のロイヤルファーストラウンジで時間をつぶす。このラウンジは広々としていて、静かで、居心地がいい。

A glass of watermelon juice. My first drink whenever I arrive in Thailand.
ウォーターメロンジュース。タイに着いたらいつでも、まずはこれ。

ROYAL FIRST ARRIVAL

Image
Approaching Suvarnabhumi.
スワンナプームにアプローチ。

My return flight to Tokyo will be operated with that fat purple bird.
東京への帰国便では、あの紫の太っちょに乗る予定。

Welcomed with Thai Smiles.
タイ・スマイルに迎えられる。


Royal First Class passengers are escorted to the immigration hall, or Royal First Lounge if they have a connecting flight, on electric carts. This time the lady took me to the lounge where I could spend some time before flying to Yangon on another TG flight. It's a quite nice service especially inside Suvarnabhumi's massive terminal.
ロイヤルファーストクラスの乗客は、トランジットの場合はロイヤルファーストラウンジへ、そうでなければイミグレーションホールへ、カートで連れていってもらえる。今回は次のヤンゴン行きTG便の出発まで時間がちょっとあるので、この女性職員にラウンジまで連れていってもらった。スワンナプームの巨大なターミナルの中では、このサービスは実にありがたい。

FLYING ROYAL FIRST ON QUEEN OF THAILAND PART3

Image
Lunch time. I chose Thai green curry for my entree. Nice meal. I was so stuffed.
ランチタイム。メインにはタイグリーンカレーを選んだ。なかなか美味い。お腹いっぱい。

Had a nap before descending towards Suvarnabhumi.
スワンナプームに向けてディセンドに入る前に、ちょっと昼寝。

FLYING ROYAL FIRST ON QUEEN OF THAILAND PART2

Image
Orchids are everywhere.
ランがそこにも、ここにも。

Following some Star Alliance airlines' tradition, they offer the amenity kit by Remowa.
一部のスターアライアンスエアラインの伝統にのっとり、アメニティキットはリモワ

Taking off on RWY 05 a.k.a. D Runway.
ランウェイ05 a.k.a. D滑走路からテイクオフ。

Over Lake Hamana.
浜名湖上空。

Thai's 747-400 has a long kitchen-like vertical galley, which is similar to the one on KLM's 747-400, behind these front lavatories.
タイの747-400には、KLMの747-400に積まれているものに似た、キッチンのような縦型の長いギャレーがついている。場所はこのフロントラバトリーの後ろ。

FLYING ROYAL FIRST ON QUEEN OF THAILAND PART1

Image
It's been a while since my last flight on Thai who used to be my client when I was at Dentsu. This morning I'm flying in their Royal First to Bangkok Suvarnabhumi and luckily the flight is operated with one of their majestic 744s. This particular bird has an antique interior which makes me feel like I'm back in the 90s. Anyway, I'm so glad the queen is still active over the Pacific with Thai's beautiful purple livery.
電通時代のクライアントであるタイ国際航空で飛ぶのは実に久しぶり。今朝はロイヤルファーストでバンコク・スワンナプームへ向かうが、ラッキーなことに壮麗な744で運航される便に乗ることができた。この機体のキャビンはかなりアンティークな感じで、まるで90年代に戻ったかのよう。とはいえ、タイの美しいパープルの塗装をまとった女王が、いまだに太平洋上で元気なのは実に嬉しい。

The spiral stairway is gone. But this fascinating section still remains the same. THAI B747-400 HND-BKK. The 685th flight in my lifetime.
螺旋階段はもうない。でもこの魅力的な空間は変わらない。タイ国際 B747-400 HND-BKK。生涯685フライト目。

STAR ALLIANCE MORNING

Image
Checked into ANA's Suite Lounge for F-class passengers at Haneda International Terminal. This is a comfy lounge but I'm a SkyTeam guy and I feel like a stranger here.
羽田国際線ターミナルにあるANAのファーストクラス用スイートラウンジにチェックイン。快適なラウンジだが、僕はスカイチーム組なのでここでは他所者感がある。