Posts

Showing posts from August, 2017

RECLINING WITH LIGHTS

Image
Said hi to the giant Reclining Buddha inside the Chauk Htat Gyi Pagoda in Yangon. It's very interesting to see that Buddha images in Myanmar are decorated with colorful illuminations. Thanks to these glittering lights, Buddhas in this country seem more approachable.
ヤンゴンのチャウタッジーパゴダにおられる巨大な寝仏様にご挨拶。ミャンマーの仏像はカラフルな電飾で飾られているのが面白い。華やかな光のおかげで、なんだか親しみやすい感じがする。

THE JAPANESE RIDE FREE

Image
I took a short boat trip across the Yangon River. These ferry boats connecting Dala district to downtown Yangon were donated by Japan to upgrade the service, and Japan also provided financial support for the construction of new jetties. So the Japanese can ride the ferry for free.
ヤンゴン川を渡る短い船の旅に出てみた。ダラ地区とヤンゴンのダウンタウンを結ぶこのフェリーはインフラ整備支援の一環として日本によって無償で提供されたもので、日本は新しい船着場を作るための資金援助もした。だから日本人はこのフェリーに無料で乗れる。

YANGON CENTRAL RAILWAY STATION AND THE KIHA

Image
Yangon's main railway station has a stately building. It was designed in traditional Burmese architectural style.
ヤンゴンの中央駅の建物はなかなか立派。ビルマの伝統的な建築様式を用いて設計されている。

I came across the ex-JR KiHa 40 series diesel train which is still in the original JR East livery for Tohoku Regional Headquarters. Myanmar Railways is using a variety of secondhand Japanese trains and they were retrofitted with narrower gauge wheelsets to make them operable on Myanmar's 1000mm gauge tracks. The KiHa 40 was a familiar face on the JR Ishinomaki Line, so I felt like I met a friend from Ishinomaki in a foreign land.
元JRの気動車、キハ40系を目撃。いまだにJR東日本の東北地域本社色のまま。ミャンマー国鉄は日本から持ってきた様々な中古車両を使っているが、それらはミャンマーの1000ミリゲージで運行できるようにゲージが改造されている。キハ40はJR石巻線で馴染みの顔だったので、異国で石巻の友人に会ったような気持ちになった。

SHWEDAGON PAGODA: UNDER THE SUN

Image
Whenever you visit a temple in Myanmar, you need to take off your shoes and even your socks at the gate. Here at the Shwedagon Pagoda, the symbol of Yangon, you will do the same when you enter one of the grand gates, which is equivalent to the Kaminarimon Gate of Tokyo's Sensoji Temple. Then you will keep walking barefoot inside the temple grounds. It's a quite unique experience, but be aware. In summer, paving stone tiles under the sun can be too hot to walk on in bare feet.
ミャンマーで寺を詣でる時は、門で靴だけではなく靴下も脱がなくてはいけない。ヤンゴンのシンボルであるここシュエダゴン・パゴダでもそれは同じ。だから浅草寺の雷門に相当する立派な門から内側の境内では、ずっと裸足で歩き続けることになる。とてもユニークな体験だが、夏場は要注意。太陽の下の敷石が、裸足では歩けないほど熱くなっているので。

COLONIAL YANGON PART2

Image
Hunting for traces of colonial Burma continues. This is the former High Court Building built in 1911.
コロニアルビルマの面影を求めて歩き続ける。これは1911年にできた旧高等法院ビル。

Bogyoke Aung San Market built in 1926.
ボージョーアウンサンマーケット。1926年完成。

Yangon City Hall, a downtown landmark, is a great example of British colonial architecture with Burmese ornamentation. Built in 1936.
ダウンタウンのランドマークであるヤンゴン市役所は、ビルマ式装飾をまとったブリティッシュコロニアル建築の優れた例。1936年完成。

Ministers' Building built in 1905. This facade is just a part of a gigantic building structure.
1905年に作られた閣僚ビルディング。ここに見えているファサードは、とてつもなく巨大な建物のほんの一部分にすぎない。

A view of a back street.
裏通りの風景。

COLONIAL YANGON PART1

Image
Strolling around downtown Yangon reminiscing the British Burma era. Back then, the rulers called this city Rangoon, and the name still remains as IATA's airport code RGN for Yangon International. Many of the colonial buildings are now in a bad state, but ones like Accountant General’s Office (top) and Central Post Office (bottom) still look absolutely beautiful. I wish new Myanmar government would take an action to preserve these jewels.
英国統治下のビルマの残り香を楽しみながら、ヤンゴンのダウンタウンを歩く。当時、支配者たちはこの街をラングーンと呼んだが、その名前はヤンゴン国際空港のIATAコードRGNに残されている。植民地時代の建築はその多くが老朽化してしまっているものの、会計主任オフィス(一番上)や中央郵便局(一番下)といった建築は今でも実に美しい。新しいミャンマー政府が、これらの貴重な建築をきっちり保存する方向で動いてくれるといいのだが。

THE STRAND YANGON PART2

Image
This hotel has real butlers rather than butler-esque staff you'll see at some major chain-brand hotels.
このホテルには、一部の大手チェーンブランドホテルで見かけるバトラーもどきのスタッフではなく、本当のバトラーがいる。

Breakfast table. Of course, with a glass of watermelon juice.
朝食のテーブル。もちろん、ウォーターメロンジュースと。


After dinner. Southeast Asian style iced coffee at the hotel bar.
ディナーのあとは、ホテルのバーで東南アジア式アイスコーヒー。

THE STRAND YANGON PART1

Image
The Strand opened in 1901. During World War II, following Japanese occupation of Burma, the Imperial Hotel Tokyo took over the management. In the late 80s, Adrian Zecha, the legendary hotelier who founded Aman Resorts, invested in this hotel and embarked on its first restoration. The recent renovation gave the Strand a chic boutique-hotel feel keeping its colonial atmosphere which is represented by wonderfully high ceilings. The entire property is filled with tranquility because it has only 30 rooms or so. I have been wanting to stay here for years and now I am finally checking in.
ストランドのオープンは1901年。第二次大戦中の日本によるビルマ占領期には、東京の帝国ホテルが運営していたという。80年代の後半には、アマンリゾーツの創業者である伝説的ホテリエ、エイドリアン・ゼッカ氏がこのホテルに投資し、最初の修復を行った。最近のリノベでは、素晴らしく高い天井をはじめとするもともとのコロニアル調を保ちながら、洒落たブティックホテルの雰囲気が加えらている。部屋数は30程度。だからホテル全体がとても静かでいい。ずっと泊まりたいと思っていたが、ついにチェックインできた。

FLYING TO MYANMAR

Image
Flying to Yangon on TG's A330-300. The ship name is Phayao.
TGのA330-330でヤンゴンへ飛ぶ。シップネームは「パヤオ」。

Climbing over the Chao Phraya.
チャオプラヤー上空をクライム。

Thai fried rice dinner. Yum.
ディナーはタイチャーハン。美味い。

Evening arrival in Yangon. Myanmar is my 66th country visited including pre-reversion Hong Kong and Macau. THAI A330-300 BKK-RGN. The 686th flight in my lifetime.
夕刻。ヤンゴンに到着。返還前の香港とマカオを入れると、ミャンマーは僕にとって66か国目の訪問国。タイ国際 A330-300 BKK-RGN。生涯686フライト目。

THAI ROYAL FIRST LOUNGE

Image
Killing time before my next flight to Yangon at Thai's Royal First Lounge in Suvarnabhumi terminal. This lounge is spacious, quiet, and cozy.
次のヤンゴンへのフライトまで、スワンナプームのターミナルにあるタイ国際航空のロイヤルファーストラウンジで時間をつぶす。このラウンジは広々としていて、静かで、居心地がいい。

A glass of watermelon juice. My first drink whenever I arrive in Thailand.
ウォーターメロンジュース。タイに着いたらいつでも、まずはこれ。