UNUSUAL BOARDING

As I imagined, there was a little bit of tension in the air around the gate area. It was not your everyday boarding. Because I was departing for Tel Aviv, Israel.
予想通り、ゲートエリア周辺にはちょっとした緊張感が漂っていた。いつものボーディングとは違う。イスラエルのテルアビブ行きに乗るので。



Contrastingly, the cabin was almost empty and had a calmness. Aeroflot gave their 777-300s B/E Aerospace (recently acquired by Rockwell Collins known for their avionics products) Parallel Diamond seats which offer more privacy than the seats on their A330. They were especially nice since I could fly without a seatmate.
対照的にキャビンはガラガラでピースフルな感じだった。アエロフロートの777-300は、A330のシートよりもプライバシーがあるB/Eエアロスペース(最近、アビオニクス製品で知られるロックウェル・コリンズに買収された)製のパラレルダイヤモンドシートを載せている。しかも隣が空いているため、一段と快適。

While taxiing towards the runway. I found the A330 I flew on from Narita "Pyotor Kapitsa" on the tarmac. Aeroflot Russian B777-300 SVO-TLV. The 696th flight in my lifetime.
ランウェイに向かってタキシング中、ターマックに僕が成田から乗ってきたA330「ピョートル・カピッツァ」がいるのを発見。アエロフロートロシア B777-300 SVO-TLV。生涯696フライト目。

Comments