PLANE SPOTTING IN MOSCOW

I enjoyed spotting some unfamiliar birds during my transit at Sheremetyevo. This is a 777-200 operated by Nordwind Airlines, a Sheremetyevo-based carrier who is actively expanding its fleet.
シェレメチボでのトランジットの間、見慣れない鳥たちのスポッティングを楽しむ。こちらはノードウィンド航空の777-200。シェレメチボベースのノードウィンドは、積極的に機材の拡充を進めている。

And their A321 who used to fly for India's Kingfisher Airlines.
で、こちらはそのA321。以前はインドのキングフィッシャー航空にいた機体。

This unmarked 777-200 also belongs to Nordwind. She is an ex-Singapore bird and you can barely tell it from the color palette on the vertical stabilizer.
この無印の777-200も、同じくノードウィンド所属。垂直尾翼の配色を見ると、かつてシンガポール航空にいた機であることが辛うじてわかる。

Pegas Fly's 767-300. Krasnoyarsk-based Pegas Fly is formally called Ikar and the old name is still on the tail of this jet. And she is an ex-Nordwind bird and still wears the Nordwind livery with a white star. Very complicated. A nice-looking AirBridgeCargo 747-400F is taxiing down behind her.
ペガスフライの767-300。クラスノヤルスクベースのペガスフライは以前イカルと呼ばれていて、その名前がまだ尾翼に入っている。この機体自体はもともとノードウィンドのものだったので、白い星のついたノードウィンドの塗装も残っていてなかなか複雑。後ろでは、エアブリッジ・カーゴのハンサムな747-400Fがタキシー中。

Then I found an Aeroflot A320 wearing the special livery to celebrate PBC CSKA Moscow professional basketball team. Aeroflot is an official sponsor of PBC CSKA.
プロバスケットボールチーム「PBC CSKAモスクワ」の特別塗装を纏ったアエロフロートのA320も見かけた。アエロフロートはPBC CSKAのオフィシャルスポンサー。

Comments